ポール・ジャネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・ジャネ

ポール・アレクサンドル・ルネ・ジャネPaul Alexandre René Janet1823年4月30日 - 1899年10月4日)は、フランスパリ出身の哲学者作家

主観的に記憶される月日の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるジャネーの法則を考案したことで名高い。なお、はジャネーの法則を自身の著作で紹介した心理学者ピエール・ジャネである。

生涯[編集]

1823年4月30日、フランスパリに生まれる。

リセ・サン=ルイ校英語版高等師範学校教育課程修了し、1845年から1848年にかけてブールジュで、倫理学教授を務めた。その後の1848年から1857年にかけてストラスブール大学、1857年から1864年にかけてリセ・ルイ=ル=グランで教えた。

1864年からはソルボンヌ大学哲学の職に就き、1880年にはアッカデーミア・デイ・リンチェイに入った。

1899年10月4日、パリで亡くなる。

ジャネは『La Famille』、『Histoire de la philosophie dans l'antiquité et dans le temps moderne』、『Histoire de la science politique』、『Philosophie de la Revolution Française』などと哲学、倫理学、政治学に関する論文を多く著したが、ブリタニカ百科事典第11版によれば論文が独特過ぎて目立たなかったとされている[1]。しかし、同国の哲学者であるヴィクトル・クザン英語版ドイツの哲学者であるゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルの影響を受け、『Théorie de la morale』ではドイツの哲学者、思想家であるイマヌエル・カントに言及している。

業績[編集]

  • The Materialism of the Present Day, a Critique of Dr. Büchner's System

脚注・出典[編集]

  1. ^ 1911 Encyclopædia Britannica/Janet, Paul - ウィキソース