ポール・サイプル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポール・サイプル(1932年)

ポール・オールマン・サイプル(Paul Allman Siple、1908年12月18日 - 1968年11月25日)は、アメリカ合衆国地理学者・である。1928年から1930年にかけて、および1933年から1935年にかけての2回のバード遠征を含む6回の南極遠征に、ボーイスカウトアメリカ連盟を代表するイーグルスカウト英語版として参加した[1]。サイプルは、イーグルスカウトであるとともにシースカウト英語版でもあった[2]。彼は、南極遠征について2冊の本を書いている。また、チャールズ・F・パッセル英語版と共に風冷指数英語版(wind chill factor)を開発した。"wind chill factor"という用語はサイプルが考案したものである。

生涯[編集]

サイプルは1908年12月18日にオハイオ州モントピリア英語版で生まれた。その後、彼の一家はペンシルベニア州エリーに移り、1926年にセントラル高校を卒業した。彼は1923年に59個のメリットバッチを授与されたことでイーグルスカウトになった。1928年に全米を対象とした選抜により、彼は南極遠征隊にイーグルスカウトとして初めて選ばれ、リチャード・バードと共に彼の船・シティ・オブ・ニューヨーク英語版で航海に出た。サイプルは、1930年のドキュメンタリー映画『バード少将南極探険英語版』(With Byrd at the South Pole)に登場した。

彼は、ペンシルベニア州ミードビル英語版にあるアレゲニー大学英語版に入学した。1936年12月19日にルース・アイダ・ヨハネスマイヤー(Ruth Ida Johannesmeyer)と結婚した。アレゲニー大学を卒業後、マサチューセッツ州ウースタークラーク大学英語版に通い、1939年にPh.D.を取得した。博士論文は「南極の気候への探検家の適応」に関するものだった。その後、キャリアのほとんどを陸軍科学局(Army Scientific Office)で過ごした[2]

サイプルは、第3回バード遠征であった1939年から1941年にかけてのアメリカ合衆国南極局遠征英語版に参加した。彼はハイジャンプ作戦(米海軍南極開発計画1946–1947)にも参加し、朝鮮戦争のための寒冷装備を開発し[2]、その後、1955年から1956年にかけての南極遠征・ディープフリーズ作戦英語版に参加した。彼は、国際地球観測年に合わせて1956年に建設されたアムンゼン・スコット基地の科学部門の初代リーダーだった。この活動は、彼の4冊目の本である『南緯90度』(90 Degrees South)で取り上げられている。

彼は1963年に、オーストラリアニュージーランドの大使館への初代科学駐在官英語版に就任したが、1966年に脳卒中を起こして帰国した[1]

彼は1968年11月25日にバージニア州アーリントンの陸軍研究センターで亡くなった[3]

サイプルに因んで命名されたもの[編集]

南極にあるサイプル海岸英語版サイプル島サイプル山英語版サイプル山脈英語版サイプル研究基地英語版はサイプルに因んで命名された。

賞と栄誉[編集]

サイプルはボーイスカウトアメリカ連盟から、1947年にシルバー・バッファロー章[2]、1958年に矢の騎士団英語版National Distinguished Service Awardを受賞した。1958年にナショナルジオグラフィック協会からハバード・メダルを受賞した。1960年には王立デンマーク地理学会英語版からハンス・エゲーデ・メダル英語版を受賞した[4]。彼はまた、バード南極遠征勲章英語版第2次バード南極遠征勲章英語版米国南極遠征勲章英語版南極功労勲章英語版も授与された。

著書[編集]

  • A Boy Scout With Byrd (1931)
  • Exploring at Home (1932)
  • Scout to Explorer: Back with Byrd in the Antarctic (1936)
  • 90 Degrees South (1959)

脚注[編集]

  1. ^ a b Paul A. Siple”. South-Pole.com. 2006年11月8日閲覧。 “Paul Allman Siple saw the first light of day on December 18, 1908, in Montpelier, Ohio. ...”
  2. ^ a b c d Dubill, Andy (December 2008). “Paul Siple”. International Scouting Collector's Association Journal (International Scouting Collector's Association) 8 (4): 45–46. 
  3. ^ “Paul Siple, Polar Explorer, Dies; Geographer Visited Antarctica With Byrd Expedition”. New York Times. (1968年11月26日). https://www.nytimes.com/1968/11/26/archives/paul-siple-polar-explorer-dies-geographer-visited-antarctica-with.html 2011年11月9日閲覧. "Dr. Paul Allman Siple, the polar explorer and geographer who spent more time ... six years ... died today in his office here at the Army Research Center. ..." 
  4. ^ (in Danish)

外部リンク[編集]