ポール・ゴンザルヴェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ゴンザルヴェス
基本情報
出生 1920年7月12日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ブロックトン
死没 1974年5月15日(満53歳没)
ジャンル スウィング・ジャズビバップ
担当楽器 テナー・サックス

ポール・ゴンザルヴェス (Paul Gonsalves, 1920年7月12日1974年5月15日) はアメリカ合衆国のジャズのテナー・サックス奏者[1]

略歴[編集]

カーボベルデ出身の両親をもち、アメリカ・マサチューセッツ州ブロックトンで生まれる。最初の楽器はギターを手にし子供の頃、家族に求められ定期的にカーボベルデ民謡を演奏していた。マサチューセッツ州ニューベッドフォードで育ち、サビー・ルイス楽団で演奏した。第二次世界大戦中の徴兵前と徴兵後にテナー・サックス奏者としてボストンでサビー・ルイス楽団と最初のプロ契約をした[2]。1950年、デューク・エリントンに参加する前にカウント・ベイシー(1947–1949)、ディジー・ガレスピー(1949–1950)のビッグ・バンドで演奏していた。

1956年にニューポート・ジャズ・フェスティバルで「Diminuendo and Crescendo in Blue」の途中、長いソロを務めた[3] [4][5]。『Ellington at Newport』に収録されている。ポール・ゴンザルヴェスは群衆の中を歩く様なソロを取る為にデューク・エリントンから「The Strolling Violins」のニックネームを名付けられた[6]

ポール・ゴンザルヴェスはデューク・エリントンが亡くなる数日前にイギリス・ロンドンで死去した。デューク・エリントン、ポール・ゴンザルヴェスはトロンボーン奏者のタイリー・グレンと一緒に一定期間、同じニューヨークの葬儀場の中で墓を横に並べられた[7]

ディスコグラフィー[編集]

リーダー作アルバム[編集]

  • Cookin' (1957, Argo)
  • Diminuendo, Crescendo and Blues (1958, RCA Victor)
  • Ellingtonia Moods and Blues (1960, RCA Victor)
  • Gettin' Together! (1961, Jazzland Records)
  • Tenor Stuff (1961, Columbia Lansdowne Jazz) - with Harold Ashby
  • Tell It the Way It Is! (1963, Impulse)
  • Cleopatra - Feelin' Jazzy (1963, Impulse)
  • Salt and Pepper (1963, Impulse) - with Sonny Stitt
  • Rare Paul Gonsalves Sextet in Europe (1963, Jazz Connoisseur)
  • Boom-Jackie-Boom-Chick (1964, Vocalion)
  • Just Friends (1965, Columbia EMI) - with Tubby Hayes
  • Change of Setting (1965, World Record Club) - with Tubby Hayes
  • Jazz Till Midnight (1967, Storyville)
  • Love Calls (1967, RCA) - with Eddie Lockjaw Davis
  • Encuentro (1968, Fresh Sound)
  • With the Swingers and the Four Bones (1969, Riviera)
  • Humming Bird (1970, Deram)
  • Just A-Sittin' and A-Rockin' (1970, Black Lion)
  • Paul Gonsalves and his All Stars (1970, Riviera)
  • Paul Gonsalves Meets Earl Hines (1970, Black Lion)
  • Mexican Bandit Meets Pittsburgh Pirate (1973, Fantasy)
  • Paul Gonsalves Paul Quinichette (1974)

リファレンス (参考)[編集]

  1. ^ http://www.allaboutjazz.com/php/musician.php?id=7099
  2. ^ The rough guide to jazz By Ian Carr, Digby Fairweather, Brian Priestley
  3. ^ Allmusic biography
  4. ^ The History and Tradition of Jazz By Thomas E. Larson p. 106
  5. ^ Jazz: the first 100 years By Henry Martin, Keith Waters. Cengage Learning. p. 150.
  6. ^ Paul Gonsalves, Ellington band saxiphonist St. Petersburg Times - May 18, 1974
  7. ^ Beyond category: the life and genius of Duke Ellington By John Edward Hasse. Da Capo Press. p. 385

外部リンク[編集]


この記事は英語版からの翻訳・転写を含みます