ポール・グリフィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポール・E・グリフィスPaul E. Griffiths)は1962年生まれの哲学者オーストラリア国立大学でPh. Dを取得。現在はシドニー大学エクセター大学の教授を兼任している。生物学の哲学心の哲学が専門。発生システム論(Developmental systems theory)の支持者。

編著書[編集]

  • Griffiths, P. E. Ed. 1992. Trees of Life: Essays in Philosophy of Biology. Springer.
  • Griffiths, P. E. 1997. What Emotions Really Are: The Problem of Psychological Categories. The University of Chicago Press.
  • Sterelny, K. and Griffiths, P. E. 1999. Sex and Death: An Introduction to Philosophy of Biology. The University of Chicago Press.
『セックス・アンド・デス—生物学の哲学への招待』太田紘史、大塚淳、田中泉吏、中尾央、西村正秀訳、春秋社、2009.
  • Oyama, S., Griffiths, P. E., and Gray, R. D. Eds. 2001. Cycles of Contingency: Developmental Systems and Evolution. The MIT Press, 2001.

外部リンク[編集]