ポーラ・コール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ポーラ・コール
Paula Cole
Paula-Cole 2009.jpg
ポーラ・コール(2009年)
基本情報
生誕 (1968-04-05) 1968年4月5日(50歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ロックポート
ジャンル アダルト・コンテンポラリー, ロック, ポップス
活動期間 1992年 - 現在
レーベル イマーゴ/ワーナー
コロムビア
デッカ
675 Recordings
公式サイト paulacole.com

ポーラ・コール(Paula Cole、1968年4月5日 - )は、アメリカ合衆国の女性シンガーソングライター

来歴[編集]

マサチューセッツ州ロックポート出身。高校を卒業の後、ボストンバークリー音楽大学に進学。ジャズ・ヴォーカルの発声法を学び、ジャズ歌手を目指した。しかし、シンガーソングライターとなることを決意し、卒業後はサンフランシスコに移住し音楽活動を開始した。

1992年ニューヨークで演奏中、イマーゴ・レコード社長のテリー・エリスの目に止まりプロとしての活動を開始した。1993年にはファーストアルバム『ハービンガー』が完成したが、イマーゴ・レコードの経営難により発売が見送られ、翌年の1994年にリリースされた。なお、リリースの直後、イマーゴ・レコードはBMGから契約を切られ、ワーナー・ブラザース・レコードの傘下となった。ファーストアルバムがリリースされるまでの期間に、ピーター・ガブリエルのシークレット・ワールド・ツアーにツアー・メンバーとして参加した(このツアーで来日を果たしている)。これを機に、彼女の存在に注目が集まるようになり、次第に世に出始めた。

セカンドアルバム『ディス・ファイア』からのシングルが大ヒットしたのを背景に、1997年グラミー賞にて最優秀新人賞を受賞。

1999年にはポーラ・コール・バンド(PAULA COLE BAND)の名義でアルバム『アーメン』を発表した。バンドの構成は3人で、彼女(ボーカル)の他にバークリー音大時代の学友のケヴィン・バリー(Kevin Barry、ギター)とジェイ・ベルローズ(Jay Bellerose、ドラム)である。

2006年ベストアルバムをリリース後、イマーゴ・レコードからデッカ・レコードに移籍した。2007年にリリースされたアルバム『Courage』はデッカ移籍後のものである。

エピソード[編集]

日本では1998年ニコラス・ケイジメグ・ライアンが主演した映画『シティ・オブ・エンジェル』の予告CMに彼女の曲「アイ・ドント・ウォント・トゥ・ウェイト」が起用されたことが広く知られる契機となった。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『ハービンガー』 - Harbinger (1994年)
  • 『ディス・ファイア』 - This Fire (1996年)
  • 『アーメン』 - Amen (1999年)
  • Courage (2007年)
  • Ithaca (2010年)
  • Raven (2013年)
  • 7 (2015年)
  • Ballads (2017年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Greatest Hits: Postcards from East Oceanside (2006年)

シングル[編集]

  • 「オール・ザ・カウボーイズ・ゴーン」 - Where Have All the Cowboys Gone? (1997年)
  • 「アイ・ドント・ウォント・トゥ・ウェイト」 - I Don't Want to Wait (1997年)
  • Me (1998年)
  • I Believe in Love (1999年)
  • Be Somebody (2000年)
  • Amen (2000年)
  • 14 (2007年)
  • Comin' Down (2007年)
  • Music in Me (2010年)
  • Eloise (2013年)
  • God Bless the Child (2017年)

外部リンク[編集]