ポーランド・リトアニア・ルテニア共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1658年に提案されたポーランド・リトアニア・ルテニア共和国
19世紀に描かれたポーランド・リトアニア・ルテニア共和国の国章

ポーランド・リトアニア・ルテニア共和国または三民族の共和国ポーランド語: Rzeczpospolita Trojga Narodów)は、17世紀に構想された国家の案である。

概要[編集]

「ルテニア公国」を創設する案はたびたび構想に上ったが、1648年フメリニツキーの乱の際には本格的に検討された。

1658年9月16日のハージャチ合同で提案された「ルテニア公国」は、ポーランド・リトアニア共和国を構成する一国家となるというものだった。翌1659年5月、ポーランド議会(セイム)は実際にハージャチ合同を批准した。しかし、コサックとロシア帝国の侵略により条約は発効をとりやめ、共和国の中にルテニア公国を創設するという案は、完全に断念された。

関連項目[編集]