ポントス・カスピ海草原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Streltsovskaya Steppe、ウクライナ、ルハンシク州のMiloveRaionの保護地域。草原は初夏にスティパのプルームによって支配されることがよくあります。
Tulipa suaveolensは、ポントス・カスピ海草原の最も典型的な春の花の1つです。
Pontic Caspian climate.png

ポントス・カスピ海草原英語: Pontic–Caspian steppeロシア語: Понтийско-Каспийская степь)は、中央ユーラシア西北部から東ヨーロッパ南部までのステップ地帯。黒海北岸からカスピ海北岸にかけて広がり、東ではカザフステップへと続く。ユーラシア・ステップの一部を成す。

歴史[編集]

ウマが最初に家畜化された地域と考えられている。

クルガン仮説では、ポントス・カスピ海草原がインド・ヨーロッパ語族の起源地と考えられている。

古くから騎馬民族が栄えた。キンメリア人スキタイテュルク系民族モンゴル系民族などが勃興した。

穀倉地帯[編集]

現在では肥沃なチェルノーゼム型の土壌から世界有数の穀倉地帯となっている。

地理と生態学[編集]

ポントス・カスピ海草原の面積は994,000平方キロメートル(384,000平方マイル)で、ブルガリア北東部のドブルジャからルーマニア南東部、モルドバ南部、ウクライナ、ロシア、カザフスタン北西部を経てウラル山脈まで広がっている。

ポントス・カスピ海草原は、北は東ヨーロッパの森林草原に囲まれており、南側ではクリミア半島とコーカサス山脈西部にまたがる「クリミア亜地中海性森林群」が草原の南端となっているのを除いて、黒海まで伸びている。草原はロシアのダゲスタン地方のカスピ海西岸まで広がっているが、カスピ海北西岸・北岸には乾燥したカスピ海低地砂漠が広がっている。東ではカザフ草原がポントス・カスピ海草原を囲んでいる。

ポントス・カスピ海草原は、中生代と新生代にウラル山脈の南と東に延び、今日の西シベリア平原の大部分を覆っていたパラテーチス海(テチス海から分離して誕生した海)の延長線上にあったツルガイ海(Turgai Sea)の跡である。

先史時代の文化[編集]

線帯文土器文化 紀元前5500年から4500年

 en:Circular ditches

ククテニ文化 紀元前5300〜 2600年

フヴァリンスク文化 紀元前5000年から3500年

スレドニ・ストグ文化 紀元前4500年から3500年

マイコープ文化 紀元前3700年から3000年

ヤムナ文化 紀元前3500年から2300年

クラ文化 紀元前3000年から2000年

 en:Kura–Araxes culture

横穴墓文化 紀元前3000年から2200年

 en:Catacomb culture

スルプナヤ文化 紀元前1600年から1200年

 en:Srubnaya_culture

コーバン文化 紀元前1100年から400年

 en:Koban_culture

ノヴォチェルカッスク文化 紀元前900〜650年

 en:Novocherkassk_culture

歴史的に現れた民族と国[編集]

キンメリア人 紀元前12〜7世紀

ダキア人 紀元前11世紀–紀元前3世紀

スキタイ人 紀元前8〜4世紀

サルマティア人 紀元前5世紀–紀元後5世紀

東ゴート族 3〜6世紀

フン族アヴァール族 4〜8世紀

ブルガール人(オノグル) 4〜7世紀

アラン人 5〜11世紀

アヴァール人 6〜8世紀

突厥 6〜8世紀

サビル 6〜8世紀

 en:Sabir_people

ハザール 6〜11世紀

ペチェネグ 8〜11世紀

キプチャククマン人 11〜13世紀

キプチャク・ハン国 13〜15世紀

コサックカルムイク人クリミア・ハン国ヴォルガ・タタール人ノガイ族、その他のテュルク系の国と部族 15〜18世紀

ロシア帝国 18〜20世紀

北カフカ―ス山岳民族連合共和国 19〜20世紀

 en:Mountainous_Republic_of_the_Northern_Caucasus

ソビエト連邦 20世紀

ロシア連邦 20世紀~21世紀

脚注[編集]

外部リンク[編集]