ポワンソ (クレーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポワンソ
(Poinsot)
月面座標 北緯79度30分 西経145度42分 / 北緯79.5度 西経145.7度 / 79.5; -145.7
直径 65.11 キロメートル
深度 不明
月面余経度 日の出時点で146°
由来 ルイ・ポワンソ
GPN識別子 4776

ポワンソ (Poinsot) は、の裏側にある大きなクレーターであり、月の北部に位置する。幾何力学を研究したフランス数学者ルイ・ポワンソにちなんで名づけられた。ポワンソの北にはロジェストヴェンスキーが、ポワンソの南にはハイマンスが存在する。

ポアンソは隕石の衝突によって激しく崩壊しており、ポアンソの周壁およびクレーター底には無数のクレーター痕がみられる。中心丘は存在しないが、クレーター底の西部には小さいが特徴的なクレーターが付随している。

付随クレーター[編集]

ポワンソのごく近くにある小さなクレーターについては、アルファベットを付加することによって識別される。

名称 月面緯度 月面経度 直径
ポワンソ-E 北緯 80.2 度 西経 129.8 度 25 km
ポワンソ-K 北緯 77.6 度 西経 141.3 度 16 km
ポワンソ-P 北緯 77.2 度 東経 149.7 度 27 km

外部リンク[編集]