ポリネシアン・セックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポリネシアン・セックスPolynesian Sex)とは、ポリネシア地方で伝承されてきた性行為の方法である。

概要[編集]

射精よりも精神的な交わりを重視し、通常は数秒しか持続しない男性オーガズムが長時間持続する。ポリネシアン・セックスには様々な方法がある。

(ただし、男性勃起力が無くなりそうなとき、女性に性感が無くなるときは動きが必要)

  • 個体差があるが、オーガズムの快感の波が次々と押し寄せてくるのが続くという。
  • オーガズム後も、性器を結合させたまま抱き合う。
  • セックス前に食事を多くは摂らない。
  • ゆっくり行為に集中できる日の午前中がよい。
  • 固定電話機の受話器を外す、携帯電話機の電源を切るなど、行為に集中できる環境を作る。
  • 最適体位は、互いの骨盤をつけるものとなる。
    • 女が仰向けになり、男は右をベッドにつけ、半身を起こす。
    • 男の左脚を女の両脚の間に挟み、女の右足は男の腰の左に乗せて、互いの脚を絡ませる。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]