ポラリス (ストラトヴァリウスのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ポラリス
ストラトヴァリウススタジオアルバム
リリース
録音 Hästholmen and 5by5 studios,
2008年10月-2009年1月
ジャンル パワーメタル
プログレッシブ・メタル
ネオクラシカルメタル
レーベル ビクターエンタテインメント
earMUSIC
プロデュース ストラトヴァリウス
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(フィンランド[1]
  • 32位(日本[2]
  • 55位(ドイツ[3]
  • 57位(スイス[4]
  • 62位(フランス[5]
  • ストラトヴァリウス 年表
    Black Diamond: The Anthology
    (2006年)
    ポラリス
    (2009年)
    エリジウム
    (2011年)
    テンプレートを表示

    ポラリス(Polaris)は、フィンランドパワーメタルバンド・ストラトヴァリウスの12枚目のスタジオアルバムである。

    概要[編集]

    ポラリスは2009年5月に発売のストラトヴァリウスのスタジオアルバム[6]。日本およびアジアではビクターエンタテインメントから、その他の地域ではEar MusicのニューレーベルであるExport Metal Musicから発売された。

    長年在籍したヤリ・カイヌライネンティモ・トルキが脱退し、後任のラウリ・ポラーマティアス・クピアイネンを迎えての初のアルバムとなる。

    2008年春に発売予定されていたアルバムが、ティモ・トルキの新バンドレヴォリューション・ルネッサンスのデビューアルバム『New Era』として発売されたため、ストラトヴァリウスとしての4年ぶりのスタジオアルバムとなる。 イェンス、コティペルト、ラウリ、マティアスの4人の曲がすべて採用され、以前よりもプログレッシブ色を強くしている。

    日本版には4曲目にボーナストラックの「Second Sight」が収録されている。

    収録曲[編集]

    1. "ディープ・アンノウン" "Deep Unknown" (Kotipelto, Kupiainen) – 4:28
    2. "フォーリング・スター" "Falling Star" (Porra) – 4:33
    3. "キング・オブ・ナッシング" "King of Nothing" (Johansson) – 6:43
    4. "ブラインド" "Blind" (Johansson) – 5:28
    5. "ウィンター・スカイズ" "Winter Skies" (Johansson) – 5:50
    6. "フォーエヴァー・イズ・トゥデイ" "Forever Is Today" (Porra) – 4:40
    7. "ハイヤー・ウィ・ゴー" "Higher We Go" (Kotipelto, Kupiainen) – 3:47
    8. "サムハウ・プレシャス" "Somehow Precious" (Kotipelto, Kupiainen) – 5:37
    9. "イマンシエーション・スイート:I ダスク" "Emancipation suite: I Dusk" (Porra) – 6:57
    10. "イマンシエーション・スイート:II ダウン" "Emancipation suite: II Dawn" (Porra) – 3:40
    11. "ホエン・マウンテン・フォール" "When Mountains Fall" (Porra) – 3:12
    • "セカンド・サイト" "Second Sight" [Japanese bonus track] (Kotipelto, Kupiainen)

    On 7" Vinyl Collector's Edition:

    1. "Second Sight (Mikko Karmilla Polycarbonate Mix)"
    2. "King Of Nothing (Matias Kupiainen Death Star Mix)"

    参加ミュージシャン[編集]

    注釈[編集]

    [ヘルプ]