ポミエ (ロワール県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Pommiers
Blason ville fr Pommiers (Loire).svg
Pommiers prieuré.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) ロワール県Blason département fr Loire.svg
(arrondissement) ロアンヌ郡
小郡 (canton) ボエン=シュル=リニョン小郡
INSEEコード 42173
郵便番号 42260
市長任期 アンリ・シェルブラン[1]
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes des Vals d'Aix et d'Isable
人口動態
人口 363人
2014年
人口密度 15人/km2
地理
座標 北緯45度49分48秒 東経4度03分57秒 / 北緯45.83度 東経4.06583333333度 / 45.83; 4.06583333333座標: 北緯45度49分48秒 東経4度03分57秒 / 北緯45.83度 東経4.06583333333度 / 45.83; 4.06583333333
標高 平均:? m
最低:318 m
最高:408 m
面積 23.84km2
Pommiersの位置(フランス内)
Pommiers
Pommiers
公式サイト pommiers.fr
テンプレートを表示

ポミエPommiers)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏ロワール県コミューン

地理[編集]

県中部にあり、サンテティエンヌから41km離れており、フォレ地方の平原にある。

歴史[編集]

ポミエにおける人の定住の最古の痕跡は青銅器時代にさかのぼる。実際に、コミューンにおいてこの時代の墓が発掘されている。しかし、そこは現在の村落の場所ではなかった。

ガロ=ローマ時代の村は、トラヤヌス帝時代にさかのぼる。この時代の遺跡は今でも見ることができる。軍隊の境界標、教会の主祭壇(サルコファガスを再利用したもの)、大理石製の石柱も教会で再利用されている。

修道士たちが初めてポミエに定住したのは9世紀である。彼らベネディクト会派修道士たちが、村に最初の教会であるサン・ジュリアン教会を建てた。この建物は現在住居として使われている。10世紀、修道士たちはクリュニー修道院の改革に従い、クリュニーの指導の下で繁栄した。彼らは現在のポミエの教会、サン・ピエール・エ・サン・ポール教会を建てた。百年戦争中の14世紀から15世紀に変わるころ、村は要塞と城壁に囲まれていた。村は古い州のフォレに属していた。

1789年、フランス革命とともに、修道士たちは小修道院から追放され、建物は没収され国有財産として売却された。様々なブルジョワ階級の家系が建物の主人となって、建物をシャトーに変えて暮らしていた。

1946年、カトリックの在俗献身者、マリー・テレーズ・ド・ロズモンはシャトーを購入し、引退した司祭たちを迎える会を創設した。しかし1990年代には、会はシャトーを維持する手段がなくなり、ロワール県議会に売却され、以降に修復が行われ、見学が可能になった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2007年 2014年
437 410 322 323 296 374 385 363

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[2]、2006年以降INSEE[3][4]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]