ポマック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポマック(Pommac)は、果物やベリー類をオーク製ので3か月間熟成して作られるスウェーデンの発泡性ソフトドリンクである。

概要[編集]

ポマックを楽しむ2人のフィンランド

最初のポマックは1919年に作られた。ポマックという名称は、シャンパン の"ポメリー(Pommery)"とワインと同じようにオーク製の樽で熟成されるコニャック(Cognac)から付けられた。[1]レシピは秘密とされている。

1919年に事業に失敗したアンデルス・リンダール(Anders Lindahl)はスウェーデンのフディクスヴァル(Hudiksvall)からストックホルムに移って来てフルクトゥス工場(Fructus Fabriker)を設立しポマックを作り始めた。ポマックのレシピはフィンランド系スウェーデン人(Finland-Swedish)の発明家が考え出した。この飲み物は上流階級の人々のワインの代わりとなるノンアルコール飲料として作られた。

ドクターペッパー社は1963年から1969年までポマックと同じ調合の飲料をダイエットドリンクとして6.5と10オンスの2種類の壜に詰めて販売した。人々がこの飲料の味に慣れるまで販売は低調であった。販売が低迷して6年が経た後で甘味料チクロの使用が規制されるとドクターペッパー社はこの製品を絶版にした。

ポマックの熱烈な愛好者(特に若者達)はこの飲み物を"ビールらしきもの"と考えており、絶対禁酒主義者や車を運転する者には公の式典でシャンパンの代用品(ersatz)としても供された。

2004年遅くにデンマークカールスバーグ社は採算上の問題でポマックの生産を止める予定であると発表したが、消費者からの圧倒的な反対(50,000名以上の存続請願署名を含む)の声が高まったことを受けて同社はポマックの販売を続けることに決定した。

出典[編集]

  1. ^ [1]