ポピュラーメカニクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポピュラーメカニクス
Popular Mechanics
Popular Mechanics Cover Vol 1 Issue 1 11 January 1902.jpg
創刊号の表紙(1902年1月11日)
ジャンル 自動車DIY科学技術
刊行頻度 月刊
発売国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
出版社 ハースト・コーポレーション(ハースト・マガジンズ)
発行人 Cameron Connors
編集長 Ryan D’Agostino[1]
ISSN 0032-4558
刊行期間 1902年1月11日 -
発行部数 1,219,552[2]部(2014年12月31日Alliance for Audited Media調べ)
ウェブサイト http://www.popularmechanics.com/

ポピュラーメカニクス(Popular Mechanics)は1902年1月11日にヘンリー・ヘイヴン・ウィンザー英語版によって創刊された通俗技術誌で、1958年以降はハースト・コーポレーションより発刊される。数十年発刊された後廃刊になったラテンアメリカ版や新しい南アフリカ版を含む9ヶ国でも刊行された。2013年、アメリカ版は年12回刊から年10回刊に変更された。かつて1980年代半ばに一時期、日本語版が刊行されていた。

内容[編集]

自動車、家屋、野外活動、科学、技術の記事を特徴とする。深夜番組の司会者にして自動車マニアとして有名なジェイ・レノによる連載コラム「Jey Leno's Garage」(ジェイ・レノのガレージ)が掲載されている[3][4]

歴史[編集]

当初はポピュラーメカニクス社による出版だったが、1958年にハースト・コーポレーションの子会社になった。1905年から2005年のほぼ完全なアーカイブがGoogle ブックスで入手可能である[5][6]

ポッドキャストによる配信[編集]

ポピュラー・メカニクス・ショーの配信が、ポッドキャストにより毎週行われている。

出典[編集]

  1. ^ Alexandra Steigrad (2014年4月23日). “Ryan D'Agostino Tapped to Helm Popular Mechanics”. Women's Wear Daily. 2015年6月4日閲覧。
  2. ^ AAM: Total Circ for Consumer Magazines”. Alliance for Audited Media (2014年12月31日). 2015年6月4日閲覧。
  3. ^ Literature and Popular Culture”. 2008年9月23日閲覧。
  4. ^ Intro-Popular Mechanics Magazine-Amst 205”. 2008年9月23日閲覧。
  5. ^ The, Editors (2008年12月10日). “Google and Popular Mechanics”. Popular Mechanics. 2010年3月13日閲覧。
  6. ^ Ross, James (2005年8月15日). “Google Library Project”. Popular Mechanics. 2010年3月13日閲覧。

関連文献[編集]

  • Israel, Paul B. (April 1994). “Enthusiasts and Innovators: 'Possible Dreams' and the 'Innovation Station' at the Henry Ford Museum”. テクノロジー・アンド・カルチャー英語版 (技術史学会英語版) 35 (2): 396–401. doi:10.2307/3106308. JSTOR 3106308. 
  • Wright, John L. (July 1992). Possible Dreams: Enthusiasm for Technology in America. ヘンリーフォード博物館. pp. 128. ISBN 0-933728-35-2. 
  • Bryant, Margaret M. (1977). “New Words from Popular Mechanics”. アメリカン・スピーチ英語版 (デューク大学出版会英語版) 52 (1/2): 39–46. doi:10.2307/454718. JSTOR 454718. 

外部リンク[編集]