ポテ 36

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Potez 36

ポテ 36(Potez 36)はフランスの2座席のスポーツ機である。支柱付の高翼で固定脚の機体である。

1929年に初飛行し、300機あまりが製造された。閉鎖式のキャビンにパイロットと乗客は横に並んで搭乗する。特徴は主翼が折りたためることで、収納や自動車の牽引に便利であった。主翼に前縁スラットをもつものもあった。民間用に人気があり、フランス空軍が1930年代に連絡機として使用した。

派生型[編集]

  • Potez 36/3
    • 原型機、6機が製造された。スラットは未装着。
  • Potez 36/5
    • 95 hp の サルムソン 7Ac エンジン装備、5機製造。
  • Potez 36/13
    • 36/5の生産型、前縁スラット装着、96機生産
  • Potez 36/14
    • 95 hpのルノー 4Pb エンジン、前縁スラット、主脚ブレーキ装着 103機生産。
  • Potez 36/15
    • 100 hpのポテ 6Ab エンジン使用、18機生産。
  • Potez 36/17
    • 104 hpの Cirrus Hermes IIB エンジン使用、2機生産。
  • Potez 36/19
    • 100 hpの ルノー 4Pci エンジン使用、2機生産。
  • Potez 36/21
    • 100hp の ポテ 6Ac エンジン、低圧タイヤ使用 、29機生産。

仕様 (Potez 36/3)[編集]

Potez 36

[1]

  • 全長: 7.50 m
  • 全幅: 10.45 m
  • 全高: 2.45 m
  • 空虚重量: 427 kg
  • 総重量: 650 kg
  • エンジン: Salmson 5Ac 星型エンジン 、60 hp
  • 最高速度:150 km/h
  • 巡航高度:3,600 m
  • 航続距離:500 km

脚注[編集]

  1. ^ Orbis 1985, page 2773