ポチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポチ

  • ポチ (misonoの曲)misonoのシングル。
  • ポチ (アシカ)
  • 北勝海信芳大相撲第61代横綱。現在の年寄八角。愛称がポチ。
  • ぽち (アカペラグループ) - ハモネプ第一回大会の優勝チーム。歴代優勝者の項を参照のこと。
  • 日本語において、小さなもの、小さな点々や突起などを表す言葉で、オノマトペ「ぽちぽち(ぽつぽつ)」の変化形。派生した言葉として「ポチッとな」「ポチる」などがある。
  • 日本で、に付けられる名前として一般的なもの。語源については、明治期に来日したフランス語圏の宣教師が、自分の犬を「 petit 」(プチ=「小さい」「かわいい」といった意味)と呼んだのを、日本人が犬の名前と誤って解釈した、という説が広まっているが、日本語の「これっぽっち」「ぽっちり」など小さなものを意味する語感に由来するという説もある。他には英語の「spotty」(スポッティ = 斑の犬)[1]、チェコ語の「Pojd'」(ポチュ = 来い)などの説がある。いずれにせよ、明治時代から広まった新しい名称であるが、1901年(明治34年)に出版された「幼年唱歌 初編 下巻」に収録された童謡「花咲爺」で犬の名前をポチとしている。
転じて、権力者に対して従順な者や媚びへつらう者に対し、「○○の犬」と同義の蔑称として使われることもある。

脚注[編集]

  1. ^ 犬の名前でおなじみの「ポチ」に意外な起源!”. ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA (2014年8月27日). 2015年2月9日閲覧。

関連項目[編集]