ポセッション島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポセッション島
愛称: ポセッション島
Île de la Possession.png
地理
場所 南インド洋
座標 南緯46度24分 東経51度46分 / 南緯46.400度 東経51.767度 / -46.400; 51.767
諸島 クローゼー諸島
面積 150 km2 (58 sq mi)
長さ 18 km (11.2 mi)
13 km (8.1 mi)
最高標高 934 m (3,064 ft)
行政
フランス
人口統計
人口 永続的な居住者なし。一時的な調査基地のスタッフのみ。
テンプレートを表示
3匹の雛を連れたイートンオナガガモの成鳥のイラスト。クーレマンスによる。
島に生息しているイートンオナガガモ
シップベイからの観測結果、ポセッション島、1893年出版

ポセッション島(ポセッションとう、Île de la Possession または Possession Island)、正式にはイル・デ・ラ・プライズ・デ・ポセッション(Île de la Prise de Possession)は亜南極クローゼー諸島の一部を構成する島。150 km2 (58 sq mi)の面積でクローゼー諸島の中では最大の島で唯一人が住んでいる。行政的にはフランス領南方・南極地域の一部。海鳥の重要な営巣地でもある。

概要[編集]

ポセッション島は群島の東側のグループで、約20 km西にはレスト島(東島)がある。深い氷河の谷に削られた険しい山の崖の風景がある。沿岸部と谷の地域は亜南極植生の草本直物で覆われている。島の東の端にある最大20人のアルフレッド・フォーレ調査基地英語版のスタッフの他には居住者はいない[1]

重要野鳥生息地[編集]

この島はバードライフ・インターナショナルにより少なくとも26種の海鳥の繁殖地として重要野鳥生息地(IBA)とされている。比較的多数が繁殖している鳥としてオウサマペンギンキタイワトビペンギンマカロニペンギンワタリアホウドリススイロアホウドリハイイロアホウドリキタオオフルマカモメチュウヒロハシクジラドリケルゲレンミズナギドリカオジロミズナギドリミナミモグリウミツバメがいる。

その他の小数の鳥としてはオオフルマカモメハイガシラアホウドリケルゲレンアジサシクロゼットウカオグロサヤハシチドリイートンオナガガモが住んでいる。より小さな鳥の巣はもっと低い場所でのラットの捕食を避けるため高地だけにある[1]

その他の野生動物[編集]

移入されたヤギは全滅しているが、クマネズミは生存し続け野鳥の脅威となっている。ナンキョクオットセイアナンキョクオットセイミナミゾウアザラシと同様にこの島で繁殖している。80頭ほどのシャチの群れが周囲の水域に生息している。2種の植物と59種の節足動物は群島の固有種である[1]

参照[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c BirdLife International. (2012). Important Bird Areas factsheet: Île de la Possession. Downloaded from http://www.birdlife.org on 2012-01-10.

座標: 南緯46度24分 東経51度46分 / 南緯46.400度 東経51.767度 / -46.400; 51.767