ポストグラデュエート・ディプロマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポストグラデュエート・ディプロマ(英:Postgraduate DiplomaPGDipPgDip)とは、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド等の英連邦を中心とした多くの国の大学院で授与されているディプロマである。

概要[編集]

英連邦を中心とした国の大学院では、修士課程から修士論文のみを省いたポストグラデュエート・ディプロマ(Postgraduate Diploma)というディプロマを取得できるコースが数多く開講されている。このディプロマは大学院レベルの修業証明として広く認知されており、英国では英政府により修士Master's degree)と同じLevel 7の資格に分類されている[1]

このディプロマ取得のコースを専攻するには、大学を卒業して学士Bachelor's degree)を取得しているか、学士と同じLevel 6の資格(英国であればGraduate DiplomaGraduate Certificate等)を取得している必要が有り、入学要件(GPA、語学力等)も修士課程の出願者とほぼ同じレベルが要求される。

なお、修士課程を専攻している者が途中で修士論文を書くのを諦めたり、修士論文を書いたものの審査に通らなかったりして、代わりにこのディプロマの取得に切り替えたいと思っても、それは認められず、このディプロマを取得したい者は始めからその為のコースを選択する必要が有る。

修士課程への進学の準備の為にこのディプロマ取得のコースを専攻する者も稀にいるが、研究を除いた大学院レベルでの学習機会、修業証明を得る為に専攻する者が殆どである。(通常、修士課程への進学準備の為に専攻するのは、各大学が用意している進学準備コースや、上記のGraduate Diploma、Graduate Certificate取得のコース等である)

脚注[編集]

関連項目[編集]