ペコちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポコちゃんから転送)
移動先: 案内検索

ペコちゃんは、不二家マスコットキャラクターとして使用されている架空の少女である。当初は1950年に発売された同社の菓子「ミルキー」の商品キャラクターとして誕生し、後に同社全体のマスコットとなった。

「ミルキー」およびその関連商品で用いられているペコちゃんのデザインは他の不二家製品のものとデザインが異なる。

また、ボーイフレンドポコちゃんについても本項で述べる。

概要[ソースを編集]

不二家の各店舗には「ペコちゃん人形」が置かれるなど、同社を代表するキャラクターとなっている。また商品づくりの精神や企業理念を表した、前文および8章からなる「ペコちゃん憲章」[1](2010年11月現在、不二家公式サイト内には同憲章の記述は見られない)が制定されており、不二家レストランは俗に「ペコちゃん食堂」と呼ばれている。「ペコちゃん人形」は1998年立体商標第1号として特許庁より認められている[2]

ペコちゃんのプロフィールは次のようになっている[3]

  • 出身:地球上のどこかにある夢の国
  • 名前の由来:仔を表す東北方言「ベコ」から。舌なめずりをしているところから、「腹ペコ」から由来したという説は誤り。
  • 年齢:永遠の6歳 - 1950年(昭和25年)生まれ。
  • 性別:女の子
  • 身長:100cm
  • 体重:15kg
  • 体形:バスト58cm、ウエスト55cm、ヒップ63cm
  • 好きな遊び:野球、ホッピング
  • 好きな動物:子犬

一方、ポコちゃんのプロフィールは次のようになっている[3]

  • 年齢:永遠の7歳 - 1951年(昭和26年)生まれ、ミルキー発売と同時に。
  • 名前の由来:幼児を表す室町時代の古語「ぼこ」を西洋風に
  • 性別:男の子
  • 身長:100cm

ペコちゃんが舌を出しているのに対してポコちゃんは出していない。また2人の共通の友達として、Dog(ドッグ)という名の(オス)がいる。ドッグもペコちゃん同様に舌を出している。向きはポーズにより異なる。キャラクターの誕生は1995年とペコちゃん・ポコちゃんに比べて遅い。

台湾ではPekoとローマ字で書かれる他、俗に「ミルキー」との関連で「牛乳の女の子」を意味する牛奶妹 (ニウナイメイ)(niúnǎimèi)という呼ばれ方もしている。また、ポコちゃんを兄と解釈し、二人で牛奶兄妹と呼ばれることもある。

2009年現在のペコちゃん人形は高さ110センチメートル、重さ11キログラム、時価4万円相当[4]で、不二家から各店舗に1体ずつ貸与されていて[5]、年に数件程度の盗難被害に遭うこともある。店舗によっては、浜松町駅小便小僧像のように、季節によって衣替えをするフィギュアもある。衣替えは基本的に年8回で、衣装を担当するのはオンワード樫山[6]。世相を反映したファッションをすることもある。

ペコちゃんの一人称は「ペコ」で、不二家の店内に置いてあるペコちゃん人形に触れると喋る[7]

歴史[ソースを編集]

不二家創業者の藤井林右衛門と息子の誠司は「ミルキー」発売に際して、母親や子どもたちに親しみやすい可愛いキャラクターをと考え、女の子のキャラクターを使うことを思い付く。同社は戦前から出していた「フランスキャラメル」のパッケージにリアルな外国の少女のキャラクターを使用していたが、「ミルキー」は「フランスキャラメル」よりも対象年齢を低く設定していたため、単純で分かりやすいデザインを志向した結果生まれたのがペコちゃんだった[8]。一方でペコちゃんよりも先に存在していた、アメリカのゼネラルフーズ社のオレンジジュース「バーズアイ」のキャラクター「メリーちゃん」とデザインが酷似していることも知られている。誕生当時の1950年には名前がなかった。また年齢は1958年12月12日の懸賞公募キャンペーン「ペコちゃんいくつ?」で決定された。なおこの時の1等賞品は日野ルノーだった[3]

ペコちゃん人形が不二家の店頭に置かれるようになったのは1950年前後からで、第1号の人形は、日劇の大道具スタッフの手によって作られた。当時は張り子で作られており、ポコちゃんの人形も見受けられた。1960年頃からプラスチック製の人形が置かれるようになった。当初はパンツを穿いていなかったが、スカート姿の路上ドールが子供からたびたびスカートをめくられるため、のちにパンツを穿くようになったと言われている[9]。雑誌『ペコちゃん』(少年画報社)が発刊されたり、南極観測隊とともに昭和基地へ行ったりしたこともあった。デザインも時代により変化しており[3]、赤のオーバーオールが1970年代になるとややスリムになった。その後1990年代にピンクのサスペンダースカートにいったん変更され、2007年に再びオーバーオールに戻った。

ペコちゃんの舌の向きは当初は複数のイラストレーターが描いていたために一定していなかったが、1968年頃から左に揃えられた。また「ミルキー」ブランドのペコちゃんは1970年代まではデザインに差異があったが、1980年代に入ると「ペコマニュアル」が作成され、「ミルキーペコ」は青いオーバーオールとリボンに黄色いシャツ、胸から上のみなどと定型化され[8]、それ以外のペコちゃんのデザインにも一定の指針が設けられた。

2015年7月11日から9月13日までの期間、平塚市美術館で「ペコちゃん展」が開催される[10]

ペコちゃん焼[ソースを編集]

発売当初は全国10店舗以上で販売されていたものの、やがて取り扱う店舗が減少し、2010年現在は東京都新宿区神楽坂の不二家飯田橋神楽坂店でのみ売られている[11]。ペコちゃんの顔をした焼き菓子の一種で、食感は人形焼よりも今川焼きに近い[12]。2005年以降はポコちゃん焼も登場している。独特な形状をしておりまた黒目がないことから「ホラー」と形容されることもある[13]一方で、形状を模したキーホルダーも発売されている[14]

2007年に不二家が期限切れ原材料使用問題を起こした際にはペコちゃん焼は同店独自で調達した材料のみを使用して製造していたことから他の菓子類とは異なり販売を継続していた。しかし1月15日に行われた社長会見の内容が神楽坂店店主の満足の行く内容ではなかったため、同店は同日よりペコちゃん焼の販売を自粛した。その後販売再開の要望が寄せられたことや不二家改革に向けて一定の見通しが立ったことなどから3月5日に販売を再開した[15]

サブカルチャーとの関連[ソースを編集]

不二家の時間
TBS系の不二家一社提供枠で、1965年8月 - 1969年3月の間、テレビアニメ『オバケのQ太郎』、『パーマン』、『怪物くん』のオープニング・エンディングにおいて、それぞれの主人公キャラクターと共演している。特に『パーマン』のエンディングでは、ペコちゃんがパーマン1号と主題歌をデュエットしていた。また1965年にクリスマスケーキの販売促進用として製作された、不二家の非売品ソノシート『ホームスィートクリスマス』には、Q太郎(声優:曽我町子)とポパイ(声優:浦野光)とペコちゃん(声優:斉藤尚子)が歌う『ジングル・ベル』が収録されている。
なお現在『怪物くん』は、1999年にビーム・エンタテインメントから発売された「東京ムービー アニメ主題歌大全集」(LD・VHS)と、2010年キングレコードから発売されたDVD-BOXに、OP・EDでの怪物くんとの共演シーンが見られ、2014年11月5日発売の「モノクロ版TVアニメ パーマン DVD BOX」には、パーマンとペコちゃんのタイアップCMと、『パーマン』OPの共演シーンが収録された[16]が、『オバQ』は「~大全集」には共演場面を削った16mmフィルム版が収録されているため、現在では共演場面は見られない。
東急デハ200形電車
東急玉川線にかつてあった車両で、その形状から「ペコちゃん」との愛称で呼ばれた。
「ペコちゃんの歌」(作詞:麻衣・作曲・編曲:久石譲・歌:森高千里
2010年、不二家の創業100周年記念ソングとして発表された。同社の企業イメージCMで放送されている他、全国の店舗にてCDが発売されている。
折田先生像
折田先生像は京都大学の風物詩の一つ。2007年2月下旬、ポコちゃんの像が何者かによって設置された。
ハローキティ
ペコちゃんとのコラボレーションに参加した。
宇野実彩子
自らのキャラクター「UNOッコリー」は、ブロッコリーとペコちゃんのコラボレーション。2011年10月、アジア・ソング・フェスティバルの記者会見で新たなコラボレーション人形を披露[17][18]。2013年、「ペコちゃんを探してますキャンペーン」に参加[19]、ペコ・ポコ・Dogとのコラボレーショングッズを発売[20][21]、PEKO×UNOバースデーコラボ記念イベント「UNOと夏の想い出を作ろう!」を開催した[22][23]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 不二家 黒磯店 社是” (日本語). 不二家FC 黒磯店. 2010年11月25日閲覧。
  2. ^ ヒット商品を支えた知的財産権 Vol.11 「ペコちゃん」” (日本語). 日本弁理士会. 2010年11月25日閲覧。
  3. ^ a b c d ペコワールド” (日本語). 不二家. 2010年11月25日閲覧。
  4. ^ 安藤龍朗; 藤顕一郎 (2009年9月2日). “「ペコちゃん人形」盗んだ容疑で暴力団員逮捕” (日本語). 毎日新聞 (毎日jp). http://mainichi.jp/kansai/graph/20090902_2/ 2010年11月25日閲覧。 
  5. ^ “ペコちゃん拉致!売り飛ばし!暴力団組幹部逮捕” (日本語). スポーツ報知. (2009年9月3日) 
  6. ^ 町田忍女性セブン』平成19年2月8日号、小学館
  7. ^ 時空へGO!. 2011年1月30日放送.
  8. ^ a b ニッポン・ロングセラー考 Vol.87 ミルキー” (日本語). COMZINE. NTTコムウェア (2010年8月). 2010年11月25日閲覧。
  9. ^ 町田忍 『路上ポップ・ドールのひみつ』 扶桑社、1998年5月(日本語)。ISBN 978-4-594-02500-7
  10. ^ “「ペコちゃん展」神奈川・平塚市美術館で開催 - 戦後から振り返る、不二家「ペコちゃん」の過去と現在”. FASHION PRESS. (2015年5月29日). http://www.fashion-press.net/news/17187 2015年6月3日閲覧。 
  11. ^ “不二家 飯田橋神楽坂店 ペコちゃん焼” (日本語). 朝日新聞 (朝日新聞社). (2006年11月10日) 
  12. ^ 不二家のペコちゃん焼き” (日本語). 地球の歩き方 東京特派員ブログ. ダイヤモンド社 (2009年4月17日). 2010年11月25日閲覧。
  13. ^ あいべや (2009年12月10日). “恐怖!ペコちゃん焼のインパクトが強すぎる件” (日本語). POP UP. 2010年11月25日閲覧。
  14. ^ 神楽坂名物「ペコちゃん焼」が初のグッズ化-不二家創業100周年で” (日本語). 市ケ谷経済新聞 (2010年11月15日). 2010年11月25日閲覧。
  15. ^ ペコちゃん必死の戦い「神楽坂・ペコちゃん焼」の存亡をかけて” (日本語). 不二家飯田橋神楽坂店ブログ. 2010年11月25日閲覧。
  16. ^ “パーマンとペコちゃんのコラボ映像を発見!”. シネマトゥデイ. (2014年10月17日). http://www.cinematoday.jp/page/N0067357 
  17. ^ “[포토엔‘트리플에이’우노 미사코, 인형보다 더 귀여운 미모~”]. NEWSNJOY (中央日報). (2011年10月14日). http://news.joins.com/article/6422290 2015年12月6日閲覧。 
  18. ^ “[한컷뉴스 일본 퍼포먼스 그룹 AAA "아우인형 입양하세요~"”]. オーマイニュース. (2011年10月15日). http://star.ohmynews.com/NWS_Web/OhmyStar/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0001640725 2015年12月6日閲覧。 
  19. ^ 東スポWeb (2013年2月21日). “「AAA」宇野実彩子と不二家ペコちゃんがコラボ”. 東京スポーツ新聞社. http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/110565 2013年12月18日閲覧。 
  20. ^ “AAA・宇野ちゃん 初のファンクラブイベントにUNOファンとペコちゃんが駆けつける”. BARKS音楽ニュース (BARKS). (2013年9月3日). http://www.barks.jp/news/?id=1000094012 2015年4月4日閲覧。 
  21. ^ 宇野実彩子が遂にあの国民的キャラクターとコラボ!!7/23(火)よりコラボグッズ発売決定!!”. AAA(トリプル・エー)OFFICIAL WEBSITE. エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ. 2015年4月4日閲覧。
  22. ^ 編集部 (2013年9月3日). “AAAメンバーに熱愛発覚か?二人きりの海デートも”. モデルプレス. http://mdpr.jp/news/detail/1274932 2015年10月22日閲覧。 
  23. ^ “AAA宇野実彩子に熱愛発覚!?二人きりのデートも!”. GirlsNews. (2013年9月4日). http://www.girlsnews.tv/music/99955 2015年10月22日閲覧。 

外部リンク[ソースを編集]