ポケモンアニメカード大作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポケモンアニメカード大作戦
ジャンル テーブルゲーム
対応機種 ポケモンミニ
開発元 電遊社[1]
発売元 株式会社ポケモン
シリーズ ポケットモンスター
人数 1~5人
メディア カセット
発売日 2001年12月14日
テンプレートを表示

ポケモンアニメカード大作戦』は、任天堂の子会社である株式会社ポケモンより2001年12月14日に発売されたポケモンミニ用ゲームソフト。

概要[編集]

ポケモンミニと同時発売のソフトの1つ。4種類のトランプゲームを収録したカードゲームで、ポケモンの絵が描かれたトランプを使用する。赤外線通信による対戦も可能。

ポケモンゲームシリーズでは珍しく、アニメ版に準拠した世界観・キャラクター(カスミタケシロケット団など)が登場する。

ゲーム[編集]

マッチ&ゲット
手札と場札を使って役を作っていくゲーム。数字だけではなく、ポケモンの進化系などでも役が作れる。
ポケモンページワン
いわゆる『アメリカンページワン』のポケモン版。基本的なルールはアメリカンページワンに準拠。
特殊カードの効果が発動する際に絵柄のポケモンのアニメーションが入る。
バトル10(テン)
2人プレイ専用ゲーム。『戦争』に似たルールのゲーム。2人が手札からカードを出し、数字が大きかった方が場札を獲得する。最終的に高得点だった方が勝利となる。
ジョーカーは最強のカードだが、Aには弱いという特殊ルールがある。
フォーキングス
1人プレイ専用ゲーム。『クロンダイク』に似たルールのゲーム。山札からカードを1枚引いて奥にあるカード(組札)に重ねていき、手前のスペース(場札)を使いながら全てのカードを重ねるのが目的。
実際のクロンダイクとは異なり、場札にはどの場所にどのカードを重ねても構わない。また、組札は左から1の倍数、2の倍数、3の倍数、4の倍数でカードを置いていかなければならず、最後に置くカードは必ずキングになる。

出典[編集]

  1. ^ 主要プロダクト 株式会社 電遊社