ボール (バスケットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
標準的なバスケットボール
昔のバスケットボール

本稿ではバスケットボールの試合で使うボールの概説を行う。

バスケットボールの大きさは、プロモーション用のアイテムとして使われる直径数インチぐらいのものから、選手の技術向上のために使われる直径1フィートぐらいのものまでがある。NBAで用いられる標準的なバスケットボールの大きさは29.5~29.875インチ(75~75.88cm)である。

ほとんどすべてのバスケットボールは内部が繊維で何層にも包まれていて、表面は革もしくはそれっぽいものになっている。大部分の球技で使われるボールと同じように、バスケットボールには内圧を変化させるための小さな穴がある。ボールの表面にはリブがはめ込まれていてそれはボールの表面とは対照的な色をしている。ボールの表面がオレンジ色でリブが黒色で時々会社名のロゴが入っているというのが伝統的なバスケットボールのデザインである。

ボールは一般的に屋内用か屋内屋外両用に設計されている。屋内用のボールは屋内屋外両用のボールと比べてかなり高価である。そのうえ、新しい革の屋内用のボールは試合で使う前に最適なボールの握り具合を得るために十分に使い慣らされていないといけない。屋内用のボールを屋外で使用すると、アスファルトとほこりと湿気によりボールを傷つけ非常に短い期間で滅ぼしてしまう。屋内屋外両用のボールが娯楽用として薦められているのはそのためである。