ボーモン (ピュイ=ド=ドーム県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Beaumont
Blason ville fr Beaumont (Puy-de-Dôme).svg
Beaumont63 6.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) ピュイ=ド=ドーム県Blason département fr Puy-de-Dôme.svg
(arrondissement) クレルモン=フェラン郡
小郡 (canton) ボーモン小郡
INSEEコード 63032
郵便番号 63110
市長任期 アラン・デュメイユ[1]
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Clermont Communauté
人口動態
人口 10 933人
2012年
人口密度 2 726人/km2
住民の呼称 Beaumontois
地理
座標 北緯45度45分09秒 東経3度05分01秒 / 北緯45.7525度 東経3.0836度 / 45.7525; 3.0836座標: 北緯45度45分09秒 東経3度05分01秒 / 北緯45.7525度 東経3.0836度 / 45.7525; 3.0836
標高 平均:m
最低:321m
最高:518m
面積 4.01km2
Beaumontの位置(フランス内)
Beaumont
Beaumont
公式サイト http://www.beaumont63.fr
テンプレートを表示

ボーモンBeaumont)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏ピュイ=ド=ドーム県コミューン

地理[編集]

アリエ川の支流アルティエール川が流れる。

歴史[編集]

サン・ピエール教会

ボーモンの場所は新石器時代から人が定住している。2002年の発掘調査では、人々が農耕をして定住していたことが判明した。そこには12軒の建物、4つの小屋、9つの囲い地、フェンス、食糧品貯蔵地区、葬祭の場所があった。2004年の発掘調査では、最初の発掘調査の隣のピットや、建物の活動の領域が注目された。

ガロ=ローマ時代にはアルティエール川に隣接する村の存在が明らかになっている。それは1世紀前半に建てられ、4世紀後半に放棄された。

オーヴェルニュ伯は、おそらく7世紀終わりか8世紀の初頭に、女性のためのベネディクト会派修道院を創設した。この修道院は、13世紀後半と、修道院長エスリーヌの指揮の下で14世紀半ばに最盛期を迎えた。この宗教の共同体はフランス革命によって解消されている。

国民公会時代にはブール・モンターニュ(Bourg-Montagne)と呼ばれていた[2]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
6297 6930 7580 8023 9465 10741 11214 10933

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[3]、2004年以降INSEE[4][5]

史跡[編集]

  • サン・ピエール教会 - 11世紀のロマネスク様式。教会はベネディクト会派修道院の回廊と往来ができる。その起源は非常に古く、メロヴィング朝カロリング朝の柱頭がその証拠である。バシリカ型の建築様式を採用している[6]。革命後、回廊や修道院建物は変えられ、住宅となった。

出身者[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Liste des maires 2014, site de la préfecture du Puy-de-Dôme (consulté le 9 juin 2014).
  2. ^ a et b Des villages de Cassini aux communes d'aujourd'hui [archive] sur le site de l'École des hautes études en sciences sociales.
  3. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=3247
  4. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  5. ^ http://www.insee.fr
  6. ^ Guy Collière, Tour de 7 églises majeures en Basse Auvergne,‎ (ISBN 2-9526240-1-1)
  7. ^ Site du Comité de jumelage de Beaumont