ボーモント銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Beaumontgeweer, 1871-75.jpg
ボーモントM1871 M1875小銃
種類 ボルト式小銃
製造国 オランダ
設計・製造 エドゥアール・ディ・ボーモント
年代 19世紀
仕様
口径 11.3mm
銃身長 830.5mm
使用弾薬 11.3×50mm
装弾数 単発手動装填
5発弾倉
作動方式 ボルトアクション方式
全長 1319.53mm
重量 4.15kg
歴史
設計年 1871年
配備期間 1871年~1908年
配備先 オランダ陸軍など
関連戦争・紛争 ジャワ戦争、バンジャルマシン戦争、アチェ戦争
製造数 138.000
テンプレートを表示

ボーモント銃(ボーモントじゅう、Beaumontgeweer)は、19世紀オランダのボルトアクションライフルである。

関連項目[編集]