ボーモンタメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Beaumont-Hamel

Beaumont 4.JPG

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オー=ド=フランス地域圏
(département) ソンム県Blason département fr Somme.svg
(arrondissement) ペロンヌ郡
小郡 (canton) アルベール小郡
INSEEコード 80069
郵便番号 80300
市長任期 ジェラール・マニエズ
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Pays du Coquelicot
人口動態
人口 211人
2015年
人口密度 25人/km2
地理
座標 北緯50度05分02秒 東経2度39分23秒 / 北緯50.083936度 東経2.656375度 / 50.083936; 2.656375座標: 北緯50度05分02秒 東経2度39分23秒 / 北緯50.083936度 東経2.656375度 / 50.083936; 2.656375
標高 平均:m
最低:70 m
最高:146 m
面積 8.31km2
Beaumont-Hamelの位置(フランス内)
Beaumont-Hamel
Beaumont-Hamel
テンプレートを表示

ボーモンタメルBeaumont-Hamel)は、フランスオー=ド=フランス地域圏ソンム県コミューン

地理[編集]

県北東部にあり、直線距離では、フランス国道のゼロ地点であるパリノートルダム大聖堂から北東に137.7km[1]、県都アミアンの南東33.3km[2]リールの南東27.2kmに位置する[3]

コミューンの地形は変化に富み、枯れ谷、斜面、台地が交互に並ぶ[4]。深い渓谷であるロワイヤールは、ボーモンとアメル(Hamel)を隔てている。

コミューンの土壌は海岸部で見られる石灰岩質であるが、台地は粘土またはローム層である[4]

アンクル川はティエヴァル川およびオチュイユ川とともにコミューンの南東の境に達している[5]

コミューンの中心はボーモンの村落で、他に2つの集落がある。ガール・ド・ボークール、そしてアメルである。村落と2つの集落は第一次世界大戦中に完全に破壊され、戦間期に再建された。

由来[編集]

ボーモンの村は、1532年にBumontと記された[6]。ポール・ドゥカニー神父によれば、Hamelはガリア語で『湿原の定住地』を意味する[6]

歴史[編集]

ローマ人とガリア人の存在は、アメルにおいて発掘された発掘品によって証明されている[6]

アメルにはかつて中世の城があった。この城の遺跡は、19世紀にはボワ・ド・ラ・トゥールという場所でまだ見ることができた[6]

ボーモンの地に人が定住したのは、アメルよりも後である[6]

18世紀終わり、ボーモンの教区教会の再建は、その場所での人口を分割した[6]。建物は最終的に教区の一番標高の低い場所に建てられた。教会は第一次世界大戦で破壊されている。

第一次世界大戦中、コミューンは数か月間前線地帯に最も近かったため、激しい戦いに巻き込まれた。

  • 1916年7月1日、ニューファンドランド義勇兵連隊が全滅に近い犠牲を出した。ロイヤル・ニューファンドランド連隊は、ソンムの戦いの主要な攻撃の一つが始まった30分後には、わずか68人しか生き残っていなかった。
  • ソンムの戦いのホーソン・リッジにおいて、イギリス陸軍は1916年に硝酸塩、TNTとアルミニウム、アンモナルを基にした新しく強力な爆薬を、初めて大量に使用した。18トンのアンモナルがドイツ軍の陣地を吹き飛ばし、ボーモンタメルの西側の地面に大きなクレーターを残した。

1918年11月には、塹壕、鉱山には雨水がたまり、村には何も残っていなかった。地雷の一掃と並行して(兵器の抽出と破壊、無力化または不発弾の搬出)、戦闘が残した爪痕の深刻さのためゾーン・ルージュ(en、戦闘による汚染地域)に指定された。その後、村は長期にわたる再建の対象となった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2005年 2015年
273 262 215 221 214 218 187 211

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[7]、2006年以降INSEE[8][9]

史跡[編集]

ゆかりの人物[編集]

  • ヘクター・ヒュー・マンロー - サキのペンネームで知られる。出征先のボーモンタメルで戦死。

参照[編集]

  1. ^ « Orthodromie entre "Beaumont-Hamel" et "Paris" », sur le site lion1906.com de Lionel Delvarre (consulté le 29 avril 2015).
  2. ^ « Orthodromie entre "Beaumont-Hamel" et "Amiens" », sur le site lion1906.com de Lionel Delvarre (consulté le 29 avril 2015).
  3. ^ « Orthodromie entre "Beaumont-Hamel" et "Lille" », sur le site lion1906.com de Lionel Delvarre (consulté le 29 avril 2015).
  4. ^ a b Notice géographique et historique sur la commune de Beaumont-Hamel, rédigée pat M. Doutreleau, instituteur, entre 1897 et 1899, Amiens, Archives départementales de la Somme
  5. ^ Limites des communes de Beaumont-Hamel, Thiepval et Authuille sur Géoportail (consulté le 29 avril 2015).
  6. ^ a b c d e f Abbé fr:Paul Decagny, L'Arrondissement de Péronne ou recherches sur les villes, bourgs, villages et hameaux qui le composent, 1844; réédition partielle, Albert et ses environs, Paris, 1999, Rassorts-Lorisse ISSN 0993-7129
  7. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=3251
  8. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/3293086?geo=COM-80069
  9. ^ http://www.insee.fr
  10. ^ Présentation du mémorial sur le site des Chemins de mémoire
  11. ^ Cérémonies commémoratives au mémorial le 1er juillet et le 8 décembre de chaque année.