ボードゥアン7世 (フランドル伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボードゥアン7世
Baudouin VII
フランドル伯
Lille A de Vuez Baudouin V et Adèle de France.jpg
ボードゥアン7世と伯母アデル
出生 1093年
死去 1119年7月17日
配偶者 アヴォワーズ・ド・ブルターニュ
父親 フランドル伯ロベール2世
母親 クレマンス・ド・ブルゴーニュ
テンプレートを表示

ボードゥアン7世フランス語: Baudouin VII de Flandre、オランダ語: Boudewijn VII van Vlaanderen、1093年 - 1119年7月17日)は、フランドル家最後のフランドル伯(在位:1111年 - 1119年)。

生涯[編集]

血縁[編集]

フランドル伯ロベール2世クレマンス・ド・ブルゴーニュの息子である。母方の叔父にローマ教皇カリストゥス2世カスティーリャ王配ライムンド・デ・ボルゴーニャがおり、ライムンドの息子のカスティーリャ王アルフォンソ7世をはじめ、サヴォイア伯アメデーオ3世モンフェラート侯グリエルモ5世は従兄弟にあたる。

フランドル伯[編集]

1111年10月5日、父ロベール2世の死により18歳でフランドル伯を継承した。同じ宮廷で育った一回り年上の従兄弟シャルル(後のフランドル伯シャルル1世)が助言者となった。1118年、ボードゥアン7世はシャルルとマルグリット・ド・クレルモンの結婚を仲立ちした。

死去と継承[編集]

1118年9月、ビュール=アン=ブレイの戦いでフランス王ルイ6世の側につきイングランド王ヘンリー1世と闘ったが負傷し、その傷がもとで1119年に死去した。ボードゥアン7世が死の直前に後継者に指名したシャルルが、シャルル1世としてフランドル伯に即位した[1]

結婚[編集]

1105年、ボードゥアン7世はブルターニュ公アラン4世の娘アヴォワーズと結婚した。この時夫は12歳、妻はわずか9才であった。1110年に2人は離婚し、以後ボードゥアン7世は結婚しなかった。アヴォワーズとの間には子が無かった。


参考文献[編集]

  1. ^ Paul, Nicholas L. (2012-09-21) (英語). To Follow in Their Footsteps: The Crusades and Family Memory in the High Middle Ages. Cornell University Press. ISBN 0801465540. https://books.google.com/books?id=iFJIRZvB7nUC. 
先代:
ロベール2世
フランドル伯
1111年 - 1119年
次代:
シャルル1世