ボーイ・ミーツ・プサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボーイ・ミーツ・プサン
監督 武正晴
脚本 窪田信介
製作 日本出版販売
ブレス
セカンドファウンデーション
出演者 柄本佑
江口のりこ
川村亜紀
前田綾花
光石研
音楽 Tatsuya
主題歌 タイムカプセル「a Boy & a Girl」
撮影 鍋島淳裕
編集 今井剛  
公開 2007年9月22日
上映時間 80分
製作国 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ボーイ・ミーツ・プサン』は、釜山国際映画祭の協力を得て、韓国を舞台に2006年に作られたオリジナル日本映画である。

主役・クリハラを演じるのは柄本佑

ストーリー[編集]

観光プロモーション撮影のため、韓国釜山に派遣された新米監督・栗原。右も左も分からない土地で戸惑い、不安になりながら街をさまよい歩く。ちょうど開催されていた釜山国際映画祭に紛れ込んでしまい、この地の不思議な魅力に取りつかれ、またヨーコという日本人女性と出会い、まるで即席の恋人同士のように一緒に観光する。そしてあっと言う間に過ぎた3日間。日本に帰る日が近づいたとき、ヨーコがただの観光旅行客でないことを知るのだった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

その他・備考[編集]

  • 2007年9月22日渋谷シネ・ラ・セットにて、モーニングショー&レイトショーで公開。
  • 主なロケーションは韓国釜山で行われた。

外部リンク[編集]