ボンLRT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボンLRT
Stadtbahn Bonn
ロゴマーク
SWB0372 DTAG.jpg
基本情報
ドイツの旗 ドイツ
所在地 ボン
種類 ライトレール
開業 1975年
運営者 ボン市交通公社
ウェブサイト SWB Bus und Bahn
詳細情報
総延長距離 95.8 km[1]
路線数 6系統
駅数 81駅[1]
1日利用者数 9200万人[1]
保有車両数 75両[1]
軌間 1,435 mm (標準軌)
テンプレートを表示
ボン中央駅(地下)
ジークブルク駅と66号線
市街風景
バート・ホネフ駅

ボンLRTStadtbahn Bonn)は、ドイツボンで運行されているライトレール(ドイツではStadtbahn(シュタットバーン)と呼ばれる)。全部で6系統(路面電車と定義されている路線は除く)が存在する。ボン市が出資するボン市交通公社(Stadtwerke Bonn Verkehrs GmbH:SWB)による運営である。

概要[編集]

ボン中央駅から南東方面に5駅が地下化されており、これに各方面から路線が直通している。

このうち、ライン川沿いに北上する路線は、都市間電車であったケルン・ボン鉄道(KBE)の路線を取り込んだもので、ケルンのシュタットバーンとの相互乗り入れを行っている。川沿いを走る16系統(および途中のタンネンブッシュ中で折返しの63系統)と山麓を走る18系統(および途中のボルンハイムで折返しの68系統)の2路線がある。

一方、ライン川を越えて、北東に存在するジーク川を超えて郊外の都市ジークブルクには66、67系統が通じている。郊外電車であるジーベンゲビルクス鉄道(SSB)を取り込んだ路線の一部である。2000年にフランクフルト・アム・マインケルンを直結するICE専用の高速新線が開通し、途中に位置するジークブルクに新たな停車駅が置かれた。そのため、66系統はICEの駅とボン中心部を結ぶ重要な役割を果たすことになった。

市の南側からは、ライン川左岸にあるバート・ゴーデスベルク(Bad Godesberg)からは、16、63、67の各系統が乗り入れている。ボン・バートゴーデスベルク・メーレム電気軌道の一部区間を取り込んだものである。 また、ライン川右岸のバート・ホネフ(Bad Honnef)から66系統が乗り入れている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ a b c d Bus und Bahn - Leistungsdaten” [Bus and (Light) Rail - Performance Data] (ドイツ語). SWB. 2013年10月8日閲覧。