ボンボヌール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 ボンボヌール
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
491-0825
愛知県一宮市丹陽町外崎字上川田248
設立 1971年(昭和46年)
業種 食料品
事業内容 洋菓子の製造・販売
特記事項:2005年(平成17年)に解散
テンプレートを表示

ボンボヌールとは愛知県一宮市にかつて存在した企業、およびその事業を譲り受けた企業が用いた洋菓子のブランド名。

概要[編集]

愛知県一宮市丹陽町に本社・丹陽工場を置き、洋菓子の製造・販売を行っていた。全盛期は約40店舗を展開、従業員数は約500名。

宅配ケーキシステムを日本で初めて展開[1]冠婚葬祭などに向けたオリジナルパッケージ商品も販売していた。

看板商品の「ファンシー」は丹陽工場で製造に携わった職人によって製法が引き継がれ、形状の似た商品が愛知県内十数箇所の洋菓子店などで販売されている[2][3]

沿革[編集]

  • 1916年(大正5年) - 和菓子店・萬壽堂として創業。
  • 1961年(昭和36年) - 先代の死去により、近藤昌平が跡を継ぐ。
  • 1966年(昭和41年) - 洋菓子専門へ転業、洋菓子店ボンボヌールを創業。ケーキ頒布会「ボヌール会」を創設し、宅配ケーキ事業を開始。
  • 1971年(昭和46年) - 株式会社ボンボヌールを設立。
  • 2002年(平成14年) - 還暦を迎えた近藤昌平が社長を退任。
  • 2005年(平成17年) - 経営悪化により小売業から撤退・解散。洋菓子製造は株式会社ドゥーコムが譲り受け[4]、ボンボヌールの名前はドゥーコムが製造する商品のブランド名として引き続き使用された[5]
  • 2011年(平成23年) - ドゥーコムが破産、ブランド名としての「ボンボヌール」も消滅した[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 人名辞典・近藤昌平(PHP研究所)
  2. ^ 愛知ではメジャーなこの洋菓子…でも人によって呼び方がバラバラだった!謎の先にいた職人東海テレビニュースOne、2019年2月28日)
  3. ^ 「ファンシー」は愛知県のご当地スイーツ!?名前は色々、でも形は同じケーキの謎(IDENTITY、2019年2月13日)
  4. ^ a b 愛知の洋菓子製造「ドゥーコム」が破産開始決定受け倒産(不景気.com、2011年9月27日)
  5. ^ (株)ドゥーコム/破産開始決定 (JC-NET、2011年9月27日)

関連項目[編集]