ボンバ米

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムルシア州カラスパーラで生産されたボンバ米
バレンシア県ソリャーナで栽培されているボンバ米の稲

ボンバ米スペイン語:arroz bomba)は短粒種のである。主にスペイン東部で栽培されている。パエリアやその他のバレンシア料理で一般的に使われており、そしてしばしばバレンシア米と呼ばれる。アミロペクチンを含む為に短粒である。

特徴[編集]

ボンバ米はインドの品種に起源を持ち、中東経由でイベリア半島に持ち込まれたと信じられている[1]。多量にアミロースを含むため、パラパラする特性が知られている。真珠のような白色と揃った堅さの短粒種である。ボンバ米の重要な特性の一つは、はぜることなく2倍から3倍の体積の水を吸収できることである。そのため、調理時には類似の品種よりも多量の水を必要とする。そして調理後に、米の形を良く保つ傾向がある。

ボンバ米はスペインで最も高価な米の品種であり、特にデノミナシオン・デ・オリヘン(DO、原産地呼称)であるムルシア州カラスパーラ英語版と同州モラターリャ英語版のはそうである。その他の良く知られた産地は、バレンシア州バレンシア県シリャ英語版、同州アリカンテ県ペゴ英語版カタルーニャ州ジローナ県パルス英語版(パルス米)である。[2]

脚注[編集]

  1. ^ スペイン米”. Enforex. 2017年2月24日閲覧。
  2. ^ La Gastronomia del Baix Empordà”. Consell Comarcal del Baix Empordà. 2015年8月18日閲覧。