ボローニャ市立劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Teatro Comunale di Bologna

ボローニャ市立劇場:Teatro Comunale di Bologna)は、イタリアボローニャ市にある歌劇場

概要[編集]

1763年に設立された。イタリアを代表する歌劇場の一つとして活動しており、近年はリッカルド・シャイーダニエレ・ガッティらが音楽監督を務めたが、現在音楽監督は空席である。オーケストラは1956年に組織が整えられ、シンフォニー・オーケストラとしての活動が活発化した。オーケストラの主な客演指揮者はセルジュ・チェリビダッケエリアフ・インバルゾルターン・ペシュコーらがいる。

主なレコーディングは、シャイー指揮でヴィヴァルディ四季」やヴェルディの歌劇「マクベス」「リゴレット」とプッチーニの歌劇「マノン・レスコー」などがある他、毎年参加しているペーザロ・ロッシーニ音楽祭におけるロッシーニの歌劇のライブ録音もある。

2008年2月より、ダニエレ・ガッティの後任として期待されるミケーレ・マリオッティが主席指揮者を務める。2011年9月には来日し、ベッリーニ清教徒』、ヴェルディ『エルナーニ』、ビゼーカルメン』を公演した。

2013年からは、京都市において「響の都」と題された公演をおこなっている[1][2][3]

2015年9月には京都国立博物館姫路城でオペラ「道化師」の公演が行われ[4][5]吉田裕史が指揮を執った(京都国立博物館の公演は「響の都」として実施)[6][7][3]

2016年から吉田裕史が首席客演指揮者になる予定[8]

脚注[編集]

外部リンク[編集]