ボルボ・XC70

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ボルボ・XC70は、スウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カーズが製造、販売していたクロスカントリータイプのエステートワゴンである。 2017年2月、生産終了。

ボルボXC70 (初代)
SB5254AWL
前期型
Volvo-XC70.jpg
製造国 スウェーデン
販売期間 2001年2月-2007年10月-
設計統括 ボルボ社
デザイン ボルボ社
乗車定員 5人・7人
ボディタイプ 5ドア・ステーションワゴン
エンジン T5エンジン
エンジン位置 フロント
駆動方式 4WD
モーター なし
最高出力 208ps
変速機 5AT
全長 4,860 mm
全幅 1,860 mm
全高 1,565 mm
ホイールベース 2,775mm
車両重量 1,800 kg
プラットフォーム P2
-自動車のスペック表-


初代[編集]

2001年2月 ボルボではミドルクラスワゴンのV70をベースに作られ、初代発売モデルの車名は「V70XC」であった。基本的な部分として、V70とはフロントグリルや、樹脂バンパーなどの外装品が異なるものが装着されているが、内装や一部はV70と同じに作られている。 翌年には車名を「XC70」として独立。これが後のXC系モデルへとつながる。なお、外装品にはV70と似ている部分があるが、樹脂バンパーなどを装着するなど、本格クロカンステーションワゴンとして、名を轟かせた。 エンジンも排気量が増し2500ccとなり、可変バルブタイミング機構により208psを発揮。以前はフルタイムAWDであったが、この代からハルデックスカップリングAWDという、通常時FFからフロントタイヤのスピンを検知すると後輪にも駆動力を配分するシステムを導入した。 また、後部トランク部分に折りたたみ式の後ろ向き2人掛けシートを装備した7人乗りもオプション設定されたが、実用性はなく、あくまでも応急用のシートであった。

マイナーチェンジ[編集]

2005年には、マイナーチェンジが施される。ハルデックスAWDシステムが、プレチャージ式となり、通常時もFFではなく常時80nmが後輪にも伝えられるAWD方式へと変更された。これにより悪路や雪道での発進がスムーズになった。また走行中の姿勢を安定させるDSTC(Dinamic-Stability&traction-Control)システムを追加。外観では、アルミ製のアンダーガードのデザインが変更され、フロント・リア共によりSUV然としたルックスとなった。 あの有名な映画、パイレーツオブカリビアンに登場した船、ブラックパール号をモチーフに、特別仕様車、「ブラックパールエディション」が追加される。このグレードは、世界400台限定となっている。ブラックパールエディションには、後席モニターなどの快適装備が充実している。 また、ボルボが主催するヨットレース「ボルボ オーシャンレース」を記念し、ブルーの鮮やかなボディ色をした、世界200台限定の、「オーシャンレースリミテッド」特別仕様車も登場する。フル装備に加え、ダンパーの減衰力をボタン一つで調整できる「FOUR-C」と言われるアクティブパフォーマンスシャシーが装備される。

2代目[編集]

ボルボ・XC70
CBA-BB6324XC
2代目 XC70
2008-Volvo-XC70-front.jpg
製造国 スウェーデン
販売期間 2007年10月-
乗車定員 5名
ボディタイプ ステーションワゴン
エンジン 2.0L 2.5L 3.2L 3.0L
エンジン位置 フロント
駆動方式 FF/4WD
最高出力 238ps-304ps
変速機 6AT
全長 4,840 mm
全幅 1,890 mm
全高 1,605 mm
ホイールベース 2,815 mm
車両重量 1,890 kg
-自動車のスペック表-

2007年10月フルモデルチェンジされる。これまでのレトロなデザインは廃止され、現行のV70と同じようになった。これまではバンパーは全面樹脂を使用していたが、フォグランプの部分に樹脂を使用するなど、デザインも一新された。エンジンも今までの直列5気筒2.5Lから直列6気筒3.2Lへ変更。さらにDSTCの標準装備化、ヒルディセンドコントロールも標準装備とし、悪路、雪道での走破性を強化した。また、快適装備もシートヒーター、後部独立オーディオコントロールなどを標準装備化し、通常のV70よりも、クロスカントリーらしく作られている。 車体も大型化したが、これはフォードモーター傘下において、北米での競争力強化の意向を酌んだ結果と思われる。現在は中国の吉利グループ傘下となり、世界的なダウンサイジング化を受け、車体こそ変わらないものの、エンジンはFFが2000cc、AWDが3000ccとなり、燃費も向上させている。 2011年4WDには、3.2L SEといわれるグレードであったが、エンジンを3L直列6気筒「T6」に変更される。なおT5は2007年モデルより既存のままである。 マイナーモデルチェンジを行い、メーターの液晶化、ナビの配置変更、グリルの変更がされ現在に至る。 2017年2月にボルボ・V70の後継車である、ボルボ・V90が登場したことにより生産終了となった。