ボルチモア・カナリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ボルチモア・カナリーズBaltimore Canaries)は、1872年から1874年にかけて、メリーランド州ボルチモアを本拠地とし、ナショナル・アソシエーションに所属していたプロ野球チーム。別名称は"Load Baltimore"(ロード・ボルチモア)、もしくは"Yellow Stockings"(イエローストッキングス)。

球団史[編集]

1872年にナショナル・アソシエーションの球団拡張(前年に脱退した球団の補充として)に伴いリーグに加盟した。愛称の「カナリーズ」は、チームのユニフォームが全身黄色のシルク製だったのを、「カナリアのようだ」とスポーツ記者が書きたてたことに由来する。

加盟1年目にリーグ2位の成績を収める。同年はボビー・マシューズが25勝を上げ、打つ方ではリップ・パイクがリーグ最多の60打点を記録する活躍を見せた。次の1873年にはマシューズの代わりにキャンディ・カミングスが所属して28勝を記録する。攻撃の中心だったリップ・パイクは足の速さでも有名で、1873年当時の雑誌には、カナリーズの本拠地ニューイントン・パークでパイクと競走馬との100ヤード競走(25ヤードのハンデがあったそうである)が行われたという記事が残っている。

しかし3年目の1874年、チームの成績は一変する。主力だったパイクとカミングスが抜け、カナリーズの主力投手はエイサ・ブレイナードになったが、彼は既に33歳で当時としては峠を越えていた。当時の新聞は「ブレイナードの投球は説明がつかないほど弱々しく、相手チームに易々とつかまっていた」と記しており、かつての面影は既になかったようである。結局この年ブレイナードは5勝22敗に終わり選手を引退する。負けを重ねたチームは観客を呼べなくなり、チームは1874年シーズンを最後に解散した。

戦績[編集]

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1872年 NA 58 36 19 .648 2位 ビル・クレイバー
エバレット・ミルズ
Newington Park
1873年 57 34 22 .607 3位 カル・マクヴィー
トム・キャリー
1874年 47 9 38 .191 8位 ウォーレン・ホワイト

所属した主な選手[編集]

主な球団記録[編集]

  • 通算安打数:174(リップ・パイク)
  • 通算打点数:111(リップ・パイク)
  • 通算勝利数:28(キャンディ・カミングス)
  • 通算奪三振:57(ボビー・マシューズ)

出典・外部リンク[編集]