ボルジュ・バジ・モウタール県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボルジュ・バジ・モウタール県

ولاية برج باجي مختار
県都ボルジュ・バジ・モウタール(1990年)
県都ボルジュ・バジ・モウタール(1990年)
Bordj Badji Mokhtar in Algeria 2019.svg
北緯21度19分40秒 東経0度57分20秒 / 北緯21.32778度 東経0.95556度 / 21.32778; 0.95556
アルジェリアの旗 アルジェリア
準県として 2015年5月27日
正式発足 2019年12月5日
Named for 県都から
県都 ボルジュ・バジ・モウタール
政府
 • 種別
面積
 • 合計 134,066 km2
面積順位 7位
人口
(2008年国勢調査)
 • 合計 20,930人
 • 順位 56位
 • 密度 0.16人/km2
等時帯 UTC+1 (西アフリカ時間)
 • 夏時間 なし
県コード 52

ボルジュ・バジ・モウタール県(ボルジュ・バジ・モウタールけん、アラビア語: ولاية برج باجي مختار‎、ラテン文字表記:Bordj Baji Mokhtar)は、アルジェリアウィラーヤ)のひとつ。県都はボルジュ・バジ・モウタール。国土の南部に位置し、マリ共和国の国境と接する。また本初子午線北回帰線の交点が県内にある(北緯23度26分 西経0度0分 / 北緯23.433度 東経-0.000度 / 23.433; -0.000)。

全域がTanezrouftと呼ばれる極度の乾燥と高温の不毛地帯にあり、サハラ砂漠の中でも特に人が住みにくい地域とされる。そのため広大な面積に反して人口は極端に少ない。面積は約13.4万平方キロメートル、人口は約2万人(2008年国勢調査[1])。

2015年5月27日、アドラール県南部に設置されたボルジュ・バジ・モウタール準県Wilaya déléguée、県と郡の中間区分)を前身とする[2]。2019年12月5日、単独の県に昇格した[3]

行政区画[編集]

1郡(ダイラ)と2自治体(バラディヤ / コミューン)を管轄する。

自治体 アラビア語名 ラテン文字表記 面積
(km2[1]
人口
(2008年[1]
ボルジュ・バジ・モウタール برج باجى مختار Bordj Badji Mokhtar 121,486 16,437
ティミアンフランス語版 تيمياوين Timiaouine 12,580 4,493

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Algeria/Administrative Division”. Citypopulation.de (2017年5月22日). 2020年8月30日閲覧。
  2. ^ 2015 JOURNAL OFFICIEL DE LA REPUBLIQUE ALGERIENNE N° 29 (pdf)” (2015年5月31日). 2020年8月30日閲覧。
  3. ^ Conseil de la nation: adoption du projet de loi relative à l'organisation territoriale du pays”. Algérie Presse Service (2019年12月6日). 2020年8月30日閲覧。