ボルクヴァルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハンザ1800
イサベラ
P100

ボルクヴァルトBorgward )はかつてドイツに存在した自動車メーカー。創業者はカール.F.W.ボルクヴァルト(Carl F. W. Borgward 、1890 - 1963年)で、本社はブレーメンに置かれていた。

歴史[編集]

第二次世界大戦以前[編集]

カール・ボルクヴァルトは1920年ドイツで共同出資者ヴィルヘルム・テクレンブルク(Wilhelm Tecklenburg)と共に"Bremer Kühlerfabrik Borgward & Co"を設立した。

1924年には、彼が最初に設計製造した自動車である「Blitzkarren」(稲妻カート)と呼ばれた2馬力の超小型三輪デリバリーバンが登場、個人商店の運搬用や郵便配達車として市場の隙間を埋めて成功した。

1925年にはゴリアト(Goliath、ゴリアテ、ゴライアスとも)という名の三輪トラックの製造を開始、1931年にはHansa-Lloyd-Werke社を吸収合併し、ハンザロイト、ゴリアト各車を生産する企業体、ボルクヴァルト・グループを作り上げた。

1937年に登場した乗用車「ハンザ・ボルクヴァルト2000」が1939年に「ボルクヴァルト2000」に改称されると、会社名及び彼の名前自体が車名としても用いられるようになる。この頃にはブレーメン近郊の大工場の従業員数は22,000人に達していた。

戦中[編集]

第二次世界大戦中は軍用トラックや、無限軌道による爆薬運搬車ゴリアテシリーズボルクヴァルトIVなどの製造を行った。

戦後[編集]

大戦中は軍用車やトラックの製造に追われたが、1950年には初の戦後型ボルクヴァルト・ハンザ1500をデビューさせる。前年に登場した1949年型フォード1949 Ford)の影響が色濃いデザインは当時の旧西ドイツでは斬新で、フォルクスワーゲンオペルメルセデス・ベンツのギャップを埋めるアッパーミドルクラスの乗用車としての地位を確立する。ハンザ1500は1954年イザベラに発展。セダンはなぜか2ドアのみとなるが、流麗なデザインの2ドアカブリオレクーペも登場し、今日のBMW 3シリーズに近い、高性能・高品質な中型ドイツ車として人気を集めた。

ボルクヴァルトは更に16バルブ1,500 ccエンジンを開発してフォーミュラ2レースに出場したり、同エンジンを搭載したスポーツクーペを少数生産するなどモータースポーツでも活躍、直列6気筒エンジンを搭載してメルセデス・ベンツの牙城に挑むボルクヴァルト・ハンザ2400、エアサスペンションを搭載したボルクヴァルト・P100などの高級車生産した。カール・ボルクヴァルトはワンマン経営者・技術者としてこれら製品[1]のディテールに至るまでその設計をコントロールした。

1960年代近くなるとイザベラはじめ各ブランドの主力車種のデザインに旧態化が目立つようになり、高級車の販売成績もメルセデスの敵ではなく、不振続きであった。起死回生を図って投入されたロイト社の新型車アラベラには品質面での問題が残っていた。ボルクヴァルトの業績は下降線を辿り、1961年経営破綻破産宣告を受けた[2]

工場施設の一部は西ドイツ(当時)の商用車メーカー・ハノマーグ社に引き継がれ、イザベラとP100の生産設備メキシコに売られ、1970年まで生産された。一生をかけて育て上げた企業を失ったカール・ボルクヴァルトは1963年に72歳で死去した。

ボルクヴァルト・BX7 TS

復活[編集]

2015年3月のジュネーブ国際自動車ショーで54年ぶりに復活することが報道された。新しいボルクヴァルトの創業者は、カールの孫であるクリスチャン・ボルクヴァルトであり、復活発表に至るまで様々なビジネスパートナーと共に10年以上の歳月を費やしたという[3]。新しいボルクヴァルトAGは、2008年にスイスルツェルンにて設立され、共同出資者兼CEOにはかつてサーブダイムラーに勤めたKarlheinz L. Knöss、車体デザイナーにはかつてメルセデスベンツ・Eクラスの設計に携わったノルウェーEinar J. Hareideを迎え、実際の車体製造および財政面での支援は中国の自動車メーカーである福田汽車が行う体制である[4]

同年9月、ボルクヴァルトはフランクフルトモーターショーにて同社復活後初の自動車として、SUVボルクヴァルト・BX7英語版を発表した[5]。BX7は2016年より中国市場にて販売が開始され、欧州市場への投入は2017年ごろが見込まれている[6]。なお、BX7は中国の自動車メーカーである北汽集団英語版のSUVである紳宝英語版・X65のシャーシをベースに、福田汽車・薩瓦納ドイツ語版のパワートレインを組み合わせて製造されたものと見なされている[7]

2016年3月のジュネーブ国際自動車ショーでは、BX7よりも小柄なプラグインハイブリッドSUVであるBX5が発表された[8]

脚注[編集]

  1. ^ グループ内のロイトやゴリアト各車も含めて
  2. ^ 会社を整理したところ、全ての債務は弁済されたと言われる
  3. ^ 54年ぶりに復活へ、ドイツの自動車メーカー ボルグワルド 2015年02月18日 14:02 AFPBB News
  4. ^ Coyle, John (2015年2月28日). “China's Foton Set To Launch Revival Of Borgward At The Geneva Motor Show”. Motor Authority. 2015年3月31日閲覧。
  5. ^ http://www.autocar.co.uk/car-news/motor-shows-frankfurt-motor-show/borgward-bx7-suv-revealed-frankfurt
  6. ^ Bruce, Chris (2015年9月16日). “Borgward BX7 and BX7 TS mark return after 50-year break”. Autoblog. 2016年7月19日閲覧。
  7. ^ Floria, Ciprian (2015年9月25日). “2016 Borgward BX7”. Top Speed. 2016年7月19日閲覧。
  8. ^ http://www.autobild.de/artikel/borgward-bx5-autosalon-genf-2016-8661789.html