ボリス・ユーリエヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ボリス・ユーリエヴィチ(ロシア語: Борис Юрьевич、? - 1159年5月2日)はユーリー・ドルゴルーキーの子のうちの1人である。ベルゴロド公1149年 - 1151年トゥーロフ公1154年 - 1157年キデクシャ公:1157年 - 1159年。

1149年に父のユーリー・ドルゴルーキーがキエフ大公となると、ベルゴロド公に任命された。1154年にはトゥーロフ公になった。1157年の父の死後にはルーシ南部を離れ、ルーシ北部のキデクシャの公となった。アンドレイ・ボゴリュブスキーロシア語版の親族としては唯一、ルーシ北部の地に分領公国を所領した人物である。

マリヤという名の妻がいたが、子孫については不明である。

参考文献[編集]