ボリス・パトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボリス・パトン
Borys Yevhenovych Paton
Borys Paton 2010.jpg
2010年のパトン
生誕 (1918-11-27) 1918年11月27日
キエフ
死没 2020年8月19日(2020-08-19)(101歳)
キエフ
市民権 ウクライナ
国籍 ウクライナ人
研究分野 金属工学
研究機関 Paton Electrical-Welding Institute, International Association of Science Academies, ウクライナ国立学士院
出身校 キエフ工科大学
主な業績 電気溶接の研究、ウクライナ国立学士院会長
影響を
受けた人物
エフゲニー・パトン
主な受賞歴 Hero of Socialist Labor medal.png Hero of Socialist Labor medal.png Hero of Ukraine.svg
配偶者 Olha Paton
子供 Yevhenia
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ボリス・エヴゲーノヴィチ・パトンウクライナ語: Борис Євгенович Патон1918年11月27日 - 2020年8月19日)は、ウクライナ金属工学者。ウクライナ国立学士院の会長を1962年以来、長年務めた。

生涯[編集]

キエフで生まれた。父親は、ウクライナ・E.O.パトン電気溶接研究所(E.O. Paton Electric Welding Institute)の創業者、母は主婦であった。父親のエフゲニー・パトンも有名な電気溶接の研究者で、キエフで初めて溶接により作られた橋を監督し、彼の名前が付けられている。

1941年にキエフ工科大学を卒業すると、1958年11月18日にウクライナ社会主義共和国学士院に加わった。ウクライナ英雄の最初の受賞者である。工学の博士号を持ち、電気溶接の研究で知られる。1970年代初めから1980年代には、パトンはソビエト連邦政府に対し、チェルノブイリ原子力発電所を建設しないようにアドバイスした[1][2]

パトンは2020年8月19日に101歳で亡くなった。彼は3日後にバイコヴェ墓地に埋葬された。

受賞等[編集]

出典[編集]

  1. ^ Controlling Technology:Ethics and the Responsible Engineer by Stephen H. Unger, Wiley-Interscience, 1994, ISBN 978-0-471-59181-8 (page 90)
  2. ^ The Ukrainian Resurgence by Bohdan Nahaylo, C. Hurst & Co, 1999, ISBN 1-85065-168-X (page 48)
  3. ^ (ルーマニア語) Paton Boris