ボリス・ネムツォフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
ボリス・ネムツォフ
Борис Ефимович Немцов
Support of prisoners of the Bolotnaya square case (21 February 2014) (Boris Nemtsov).jpg
2014年2月21日
生年月日 1959年10月9日
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian SFSR.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 クラスノダール地方ソチ
没年月日 (2015-02-27) 2015年2月27日(満55歳没)
死没地 ロシアの旗 ロシア モスクワ
出身校 ゴーリキー大学電波物理学部
前職 研究職、環境保護運動家、ロシア共和国人民代議員、ニジニ・ノヴゴロド州行政長官、知事、第一副首相、燃料エネルギー相
所属政党 右派連合→)
人民自由党[1]

ロシアの旗 ロシア連邦第一副首相
内閣 ヴィクトル・チェルノムイルジン
セルゲイ・キリエンコ
在任期間 1997年3月 - 1998年
テンプレートを表示

ボリス・エフィーモヴィチ・ネムツォフ: Борис Ефимович НемцовBoris Efimovich Nemtsov1959年10月9日 - 2015年2月27日)は、ロシア政治家エリツィン政権で第一副首相。「2008年委員会」の元共同議長。人民自由党に所属[1]

政界進出[編集]

1959年10月9日、ユダヤ人の両親のもとにソビエト連邦ロシア共和国クラスノダル地方ソチで生まれる。1981年ゴーリキー大学電波物理学部を卒業して、ゴーリキー電波物理学研究所に勤務する。1988年以降から環境保護運動のリーダーとなり、ゴーリキーに原子力発電所建設が持ち上がった際には原発建設反対に動き、反対運動の中核を担った。

1990年ロシア共和国人民代議員に当選し、政界に入る。議会では院内会派民主ロシア」に所属した。1991年8月のソ連8月クーデターでは、改革派の立場から、エリツィン・ロシア大統領を支持した。エリツィン政権と関係を作ったネムツォフは、1991年エリツィンによって、ニジニ・ノヴゴロド州行政長官(知事に相当。後に知事)に任命された。1993年上院連邦会議代議員に当選。1995年12月ニジニ・ノヴゴロド州知事選挙で再選される。

エリツィン時代[編集]

2000年7月4日、プーチンと会談するネムツォフ

エリツィンは、1997年3月に連邦政府の第一副首相(住宅建設政策及び独占禁止政策担当)に登用する。同年4月には、燃料・エネルギー相を兼任する。セルゲイ・キリエンコ内閣の第一副首相に任命される。

1997年12月26日、ロシア下院において、「ネムツォフは、無責任な政治家」として非難決議が可決され、1998年、第一副首相を解任される。「第一副首相という立場を利用し、社会を不安定化させる規模の外資を呼び込み、国内経済に脅威を与えた」と訴えられた[2]

1999年、改革派、リベラル派の結集を図った。1999年12月の下院国家会議選挙に立候補し当選する。2000年1月、下院副議長に選出されるが、リベラル派は、新興財閥との繋がりもあり、勢力が衰えていった。ソチ選挙管理委員会には、「ネムツォフの収入は、1834億ルーブル(3545億円)」と報告されている[3]

プーチン時代[編集]

オレンジ革命に参加するボリス・ネムツォフ

2003年12月の下院国家会議選挙では、比例区の議席確保に必要な5%の得票率を獲得することが出来ず、惨敗。右派連合の代表を辞任した。

2004年2月、石油コンツェルン・ネフチノイの取締役に就任。ガルリ・カスパロフウラジーミル・ブコフスキー英語版らとともに「2008年委員会」を結成した。

ウクライナオレンジ革命では、ヴィクトル・ユシチェンコを支持し、ユシチェンコ大統領が誕生すると大統領経済顧問に任命された。

2007年下院選挙では比例代表リスト筆頭となったが、2007年11月25日にサンクトペテルブルクで開いた集会でニキータ・ベールイフ代表らとともに警察に拘束された。選挙は、得票率0.96パーセントで敗北。12月26日2008年ロシア大統領選挙への自身の立候補を取り下げ、野党勢力による候補一本化の必要性を強調した。

2013年11月、古都ヤロスラヴリにある歴史的なスターリンマンションを購入[4]

2011年12月4日のロシア下院選挙、ネムツォフらが参加したリベラル系野党「人民自由党」(英語表記はPeople's Freedom Party)は、不法滞在者や死者を支持者とし、政党登録に必要な署名を提出した。そのため、政党として登録されなかった[1]。選挙後、ネムツォフらは、下院選挙にて不正があった疑惑が浮上した際、12月5日より反政府デモを行った(2011年ロシア反政府運動)。

人民自由党は、政党として登録されなかったことに対し、「クレムリンのシナリオだ」、とウラジーミル・プーチン首相を批判した。最近の世論調査では人民自由党の支持率は9%で、比例代表制の下院で議席獲得に必要な「得票率7%」を超えていたとされる[5]

2011年、ドバイで25歳のアナスタシア・オグネワと一緒にいるところをパパラッチに撮られた写真が公開された[6]。この後、ネムツォフはアナスタシアとの関係が3年前から続いていることを認める[7][8][9]。プライベートな写真が公開されたことに関して、ライフニュースの編集長を自分のブログで批判する[10]

死去[編集]

2015年3月1日、サンクトペテルブルクで開催されたネムツォフの追悼デモ

2015年2月27日、ウクライナ人モデルのアンナ・ドリツカヤとモスクワ市内のレストランで食事をして帰宅する途中、モスクワ川にかかる橋の上で6発の銃撃があり、そのうち4発が背中に命中して死亡した[11][12][13]。犯人とみられる人物はその後ろから来た車で逃走している[14]。ネムツォフは2日後の3月1日に行われる予定のウクライナへの軍事介入に反対するデモの呼び掛け人だった[15]。殺害は政治的動機によるものという声も出ている[16]

2015年2月28日、プーチン大統領は「冒涜的な殺人のまとめ役と実行犯が当然な処罰を受けるよう全ての手を尽くす」とネムツォフの母親に伝えた[17]

3月1日にモスクワ・サンクトペテルブルクなどのロシアの約10都市や、ウクライナ・リトアニアベラルーシにおいてネムツォフの追悼デモが行われ、モスクワ市内では主催者発表で5万数千人(あるいは7万人以上)、警察発表で1万6500人が参加した[18][19]。この際、治安を乱したとして約50人が逮捕されており、ウクライナ議会の議員オレクシー・ゴンチャレンコも一時拘束された[20]

活動[編集]

1997年11月1日の日露首脳会談において、エリツィンが「平和条約を締結し、われわれが領土問題をきょう解決すべきだ」と提案し、日本に北方四島を返還しようとした。この時、ネムツォフは「島を全部返す用意があったのは明らかだ。エリツィン氏にとって、平和条約締結は島全体について決断することを意味していた」と断言。四島返還による即時決着を停止する様にエリツィンを説得した。そのため、四島返還の提案を取り下げられた[21]

人物[編集]

ネムツォフには4人の子供がいる[22]。1984年に妻のライサ[23]との間に長女シャナ(ジャン)が生まれる。シャナはテレビアナウンサーになる[24]。ニジニ・ノヴゴロド州で知り合ったジャーナリスト、エカテリーナ・オディツィワとの間に、1995年に息子アントン、2002年に娘ディーンが生まれる[25]。秘書のイリナ・コロレワとの間に2004年、娘ソフィアが生まれる[26]。2007年、ネムツォフは妻のライサとの関係は終わったが、今後も婚姻関係を続けると述べた[27]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “ロシア、反政府野党の登録認めず”. 日本経済新聞. (2011年6月22日). オリジナル2011年7月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150301030134/http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2206H_S1A620C1FF1000/ 2011-07-28 閲覧。 
  2. ^ “ロシア連邦の連邦議会の下院の決議 1997年12月26日”. ロシア連邦-連邦議会. (1997年12月27日). オリジナル2014年8月14日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20120907194109/www.pravoteka.ru/pst/175/87067.html 2015-02-28 閲覧。 
  3. ^ “ボリス・ネムツォフ、収入183億ルーブルを突破”. RA Imidzhprom. (2009年5月13日). オリジナル2011年5月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111105053145/http://nta-nn.ru/news/item/?ID=152709 2011年2月28日閲覧。 
  4. ^ “ボリス·ネムツォフ、住宅ローンでスターリン・マンションを購入”. テレビKP. (2013年11月13日). オリジナル2013年12月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131226183145/http://www.kp.ru/online/news/1585539/ 2013年12月28日閲覧。 
  5. ^ “反政権野党の参加排除 年末のロシア下院選”. 朝日新聞. (2011年7月4日). オリジナル2011年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110703222934/http://www.asahi.com/international/update/0703/TKY201107030184.html 2011年12月28日閲覧。 
  6. ^ Немцов захотел "набить морду" главреду Life News, назвавшему его подругу "девушкой по вызову"” (Russian). newsru.com (2012年1月26日). 2015年3月8日閲覧。
  7. ^ Журналисты засняли Бориса Немцова с моделью, ранее предоставлявшей эскорт-услуги” (Russian). 062.ua (2012年1月25日). 2015年3月8日閲覧。
  8. ^ Russian site smears opposition leader's 'sex vacation'” (English). expatica.com (2012年1月25日). 2015年3月8日閲覧。
  9. ^ IN THE SPOTLIGHT: ELUSIVE CATS AND BRAWLING PAPARAZZI” (English). The St.Petersburg Times (2012年4月4日). 2015年3月8日閲覧。
  10. ^ Мразь” (Russian). b-nemtsov.livejournal.com (2012年1月25日). 2015年3月8日閲覧。
  11. ^ “Маркин рассказал подробности убийства Немцова” (Russian). インテルファクス通信. (2015年2月28日). http://www.interfax.ru/russia/427011 2015年2月28日閲覧。 
  12. ^ 「殺される」ネムツォフ氏の婚約者、ロシア脱出 暗殺容疑掛けられ一時軟禁 SankeiBiz 2015年3月4日
  13. ^ [FTロシア野党指導者殺害、消された痕跡とビデオ] 日本経済新聞 2015年3月6日
  14. ^ 露野党指導者暗殺:追悼デモ大規模に 政権は警戒 毎日新聞 2015年3月1日
  15. ^ “反プーチン指導者暗殺=ウクライナ反戦デモ前-モスクワ”. 時事通信. (2015年2月28日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015022800056 2015年2月28日閲覧。 
  16. ^ “ロシア:反プーチン派の元第1副首相が射殺される”. 毎日新聞. (2015年2月28日). http://mainichi.jp/select/news/20150228k0000e030160000c.html 2015年2月28日閲覧。 
  17. ^ “反プーチンデモ主導、殺害予告も…ネムツォフ氏”. 日本経済新聞. (2015年2月28日). オリジナル2015年3月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150301090622/http://www.yomiuri.co.jp/world/20150228-OYT1T50094.html 2015年3月1日閲覧。 
  18. ^ ロシア内外 追悼デモ モスクワ 5万人が参加 東京新聞 2015年3月2日
  19. ^ モスクワ中心部で追悼デモ「7万人以上参加」 読売新聞 2015年3月2日
  20. ^ ネムツォフ氏追悼デモで50人逮捕 モスクワの警察当局 日本経済新聞 2015年3月2日
  21. ^ “エリツィン元大統領、「四島即時返還」を提案 97年日ロ首脳会談(09/17 07:32)”. 北海道新聞. (2008年9月17日) 
  22. ^ Биография” (Russian). Борис Немцов. 2015年3月8日閲覧。
  23. ^ Супругу Бориса Немцова мало кто видел” (Russian). kuchaknig.ru (1999年10月11日). 2015年3月8日閲覧。
  24. ^ Жанна Немцова: сегодня я вне политики!” (Russian). newsland.com (2009年10月7日). 2015年3月8日閲覧。
  25. ^ Boris Efimovich Nemtsov - biography, Family and personal life of Boris Nemtsov” (English). to-name.ru. 2015年3月8日閲覧。
  26. ^ Boris Nemtsov to be buried in Moscow” (English). タス通信 (2013年2月28日). 2015年3月8日閲覧。
  27. ^ У Немцова осталось четверо детей” (Russian). dialog.ua (2015年2月27日). 2015年3月8日閲覧。

外部リンク[編集]