ボラボラ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
衛星写真
ソシエテ諸島とボラボラ島の位置関係

ボラボラ島タヒチ語:Bora Bora)は、フランス領ポリネシアソシエテ諸島にあるである。

概要[編集]

首都パペーテがあるタヒチ島から北西約260kmに位置しており、「太平洋の真珠」と呼ばれるほどフランス領ポリネシアの中でも最も美しいとされる。そのため、フランス領ポリネシアに旅行する観光客の多くがボラボラ島を訪れる。

ボラボラ島は、1周約30kmの本島と、その周囲を約40kmのリーフ(岩礁)が囲んでいる。面積約36km22017年の人口は1万605人。

中心街は本島西側に位置するヴァイタペ。島の中央にオテマヌ山(727m)がそびえ、周辺のモツ(タヒチ語で「島・小島」の意。珊瑚礁による岩礁)からその姿を一望できる。

主にハネムーンでの利用が多いが、海の美しさや透明度の良さからスキューバダイビングの利用客も多く、日本人を含む多くの旅行客が訪れる。

オテマヌ山とコテージ群

毎年、7月頃には「Heiva i BoraBora」(ヘイヴァ・イ・ボラボラ)祭が開催され、多くの現地住民が参加する。この時期に合わせて訪れる観光客もいる。この「Heiva i BoraBora」は、7月14日のフランス革命記念日の祝日を起源とするフランス領ポリネシアのお祭りで、伝統的なダンスや楽器演奏に加え、様々なイベントが催される。ほぼ同時期に、ボラボラ島以外の島々でも開催されている。

ボラボラ島へは、タヒチ島のファアア国際空港からボラボラ空港エアタヒチが空路の定期便を毎日運行しており、直行便で50分、他島経由便で最大120分。ボラボラ空港は島北西側のリーフ、モツ・ムテ上に位置しており、本島及び島内各ホテルへは空港からボートで渡ることになる。 本島のヴァイタペへは、エアタヒチが飛行機の発着に合わせてシャトルボートを運行している。また、空港内に主要ホテルのカウンターが設置されており、ホテルに宿泊する場合は空港~ホテル直行の送迎シャトルボートを利用する事が多い。

歴史[編集]

かつて、ボラ・ボラ島ではFaanuiとVaiotahaをそれぞれ中心地とする2つの集団が争っていた。 また、宗教権力ではライアテア島と争っていた。 ある時期までは、ボラ・ボラ島とライアテア島は共同で他のリーワード諸島の島々に政治的・宗教的影響力を行使していた。 しかし、ライアテア島が圧倒的な宗教的権威を、ボラ・ボラ島が高い軍事力を持った事で、島同士の争いだけでなく島内の内戦も起きるようになった。

1722年オランダヤーコプ・ロッヘフェーンがヨーロッパ人として初めてボラ・ボラ島について述べた[1]

18世紀の大首長、プニは島を統一し、続いてタハア島を征服した。

1763年、3年間の戦争の結果、プニはライアテア島を征服した。

1769年7月29日ジェームズ・クックが両島に近付いた際も、プニ率いるボラ・ボラ島軍が支配していた[2]

1777年、クックが初上陸した。

1778年、プニが崩御し、甥のタポア1世英語版が3島の支配者となった。 彼はライアテア島に首都を移した。

1812年、タポア1世が崩御した。

1820年ロンドン伝道会英語版が上陸した。

ボラ・ボラ王国国旗(1837~1842年)

19世紀前半にボラ・ボラ島を統一したボラ・ボラ王国が成立した。

1847年、Jarnac会議の結果、フランス7月王政イギリス帝国がボラ・ボラ王国を承認した。 同様に独立していたソシエテ諸島の国には、タヒチ王国英語版フアヒネ島、ライアテア島が有った。 これらの国は全て同じタヒチ語と文化を共有し、王族は結婚を通して血縁で結ばれていた。 ボラ・ボラ王国は本島の他にツパイ島マウピティ島マウピハア島モツ・オネ島マヌアエ島を支配していた。

1888年、ボラ・ボラ王国はフランスに併合され、植民地となった。

1890年、ロンドン伝道会がプロテスタント教会を建設した。

テリーマエヴァルア3世と従者達(1899年頃)

1895年、最後の女王のテリーマエヴァルア3世英語版が退位させられた[3][4]

第二次世界大戦では、アメリカ合衆国がボラ・ボラ島を南太平洋地区の要衝とした。 9隻の軍艦と2万tの備蓄、7000人の兵士が置かれたこの島は、Bobcat作戦の中心となった。 幸運な事に、この島では一度も戦闘が起きなかった。

1946年6月2日、ボラ・ボラ要塞は正式に閉鎖された。

1960年タヒチパペーテファアア国際空港が開設するまでは、アメリカ軍が残したボラ・ボラ空港が、大型機が利用出来ないながらもフランス領ポリネシア唯一の国際空港だった[5]

島内風景[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Tahiti et ses archipels par Pierre-Yves Toullelan, éditions Karthala, 1991, 2-86537-291-X, p. 61.
  2. ^ Salmond, Anne (2010). Aphrodite's Island. Berkeley: University of California Press. pp. 36,218,286. ISBN 9780520261143. 
  3. ^ Christopher Buyers. “Bora Bora: The Tapoa Dynasty Genealogy”. Royal Ark web site. 2012年2月25日閲覧。
  4. ^ Ben Cahoon (2000年). “French Polynesia”. WorldStatesman.org. 2012年2月25日閲覧。
  5. ^ Contenu et images Notre histoire” [Content and Images Our Story] (フランス語). l'Office des Postes et des Télécommunications [Office of Post and Telecommunications]. 2013年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月18日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 南緯16度29分40秒 西経151度44分11秒