ボブ・ブルックマイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1978年

ボブ・ブルックマイヤー(Bob Brookmeyer、本名:Robert Edward Brookmeyer、1929年12月19日 - 2011年12月15日)は、アメリカ合衆国トロンボーン奏者・ピアニスト編曲家作曲家

ミズーリ州カンザス・シティー生まれ。ジェリー・マリガンの四重奏に[1]1954年から1957年にいたときに名声を得た。その後、ジミー・ジュフリーと共演し、[2]マリガンのコンサート用ジャズバンドに復帰した。


伝記[編集]

1980年代。テリーと。

1929年、カンザスシティー生まれ。一人っ子だった。[3]

ハイティーンでプロになる。カンザスシティー音楽学校に入学し、卒業はしなかった。Tex BenekeRay McKinleyのビッグバンドでピアノを弾く。

1950年代初頭にクロード・ソーンヒル楽団に移った時にトロンボーンに専念。

1950年代はスタン・ゲッツジェリー・マリガンのバンドにいた。

1960年代にはニューヨークのナイトクラブ、The Merv Griffin Showなどのテレビ番組のハウスバンド、作曲家のレイ・チャールズ英語版 (Charles Raymond Offenberg)などの編曲などの仕事をした。

1960年代初頭にクラーク・テリーとバンドで共演し、そこそこ成功する。

1965年二月にはテリーとBBC2の番組『Jazz 625』に出演した。[4]

1968年ロサンゼルスに移住。スタジオ・ミュージシャンになる。10年間西海岸にいて、アルコール依存症に陥るも、中毒を克服し、ニューヨークに戻る。1979年のThad Jones/Mel Lewis Orchestraの音楽監督になる。当時は作曲はしなかった。

1980年代からはヨーロッパのジャズバンドのために作曲し、共演した。オランダに音楽学校を創設・経営し、ボストンのニューイングランド音楽学校で教えた。

2005年、ArtistShareに参加し、自身のNew Art Orchestraの三枚目のアルバムを制作すると発表。翌年『Spirit Music』として発売し、グラミー賞受賞となった。

同年、国民芸術基金の「ジャズ・マスター」に選ばれた。

死の直前に発表されたVanguard Jazz OrchestraのアルバムForever Lastingで八回目のグラミー入選となる。

2011年、誕生日直前にニューハンプシャー州ニューロンドンで死んだ。[5]

盤歴[編集]

リーダー作[編集]

パシフィック・ジャズ・レコード

共演作[編集]

  • Tonight - Clark Terry–Bob Brookmeyer Quintet (Mainstream)
  • The Power of Positive Swinging - Clark Terry–Bob Brookmeyer Quintet
  • Whooeeee - Bob Brookmeyer–Zoot Sims Quintet (Storyville)
  • The Street Swingers - Brookmeyer, Jim Raney, Jim Hall (パシフィック・ジャズ・レコード, 1958)

参加作品[編集]

Manny Albam
Arkadia Jazz All Stars
  • Thank You, Gerry!
ゲイリー・バートン
カーティス・フラー
スタン・ゲッツ
  • The Artistry of Stan Getz (Clef, 1952)
ゲイリー・マクファーランド英語版 &クラーク・テリー
ジェリー・マリガン
  • Paris Concert (1954)
  • Presenting the Gerry Mulligan Sextet (EmArcy, 1955)
  • Mainstream of Jazz (EmArcy, 1956)
  • Gerry Mulligan Quartet at Storyville (Bill Crow & Dave Bailey, Pacific Jazz, 1956)
  • Gerry Mulligan and the Concert Jazz Band at the Village Vanguard (Verve, 1960)
  • Butterfly with Hiccups - Gerry Mulligan Sextet (Limelight, 1960)
  • Holliday with Mulligan (1961)
  • Gerry Mulligan presents A Concert in Jazz (Verve, 1961)
  • The Gerry Mulligan Quartet (Bill Crow & Gus Johnson, Verve, 1962)
  • Gerry Mulligan '63, the Concert Jazz Band (Verve)
  • Night Lights - Gerry Mulligan Sextet (Philips, 1963)
ラロ・シフリン
ズート・シムズ
  • Stretching Out (ユナイテッド・アーティスツ, 1958) UAL 4023 [1]

直訳邦題[編集]

  • 1954年から1955年:ボブ·ブルックマイヤーの二重の役割(プレステージ)
  • 1954:五重奏曲(ヴォーグ)
  • 1956:ブルックマイヤー(RCA)
  • 1957:伝統主義再訪(ブルーノート)
  • 1959:アイボリーハンター(ユナイテッド·アーティスト):ピアノはビル·エヴァンス
  • 1960:ブルース·ホット&コールド(ヴァーヴ MG V-8385)
  • 1961:秋(ヴァーヴ)スタン·ゲッツ
  • 1961:7×ワイルダー -ボブ·ブルックマイヤー4(ヴァーヴ)
  • 1962:トロンボーン·ジャズ·サンバ(ヴァーヴ)
  • 1963:Sambaのパラドスとラロ·シフリン(ヴァーヴ)
  • 1964:ボブ·ブルックマイヤーと仲間たち(コロンビア)
  • 1978:ボブ·ブルックマイヤー・スモール·バンド(DCCジャズ、1999)
  • 1986:オスロ(コンコード)
  • 1988:再び(ドラゴン)
  • 1991:電気(ACT)
  • 1993:パリ組曲(チャレンジ)
  • 1994:オールド·フレンズ(ストーリーヴィル)
  • 1997:新作/お祝い(チャレンジ)
  • 1998:この世界の(コッホ)
  • 1998:一緒に(チャレンジ)
  • 1999:マッドリーラヴィング·ユー(チャレンジ)
  • 2000:ホリデー(チャレンジ)
  • 2001:ゾーイとワルツ(チャレンジ)
  • 2002:早く回復(チャレンジ)
  • 2004:アイランド(アーティストハウス)
  • 2006:スピリット音楽(ArtistShare)
  • 2011:標準(ArtistShare)

参照[編集]

  1. ^ Berendt, Joachim (1976). The Jazz Book. Paladin. pp. 380. 
  2. ^ Berendt, Joachim (1976). The Jazz Book. Paladin. pp. 384. 
  3. ^ Berendt, Joachim (1976). The Jazz Book. Paladin. pp. 199. 
  4. ^ Tribute to Bob Brookmeyer”. clarkterry.com (2011年12月19日). 2014年2月10日閲覧。
  5. ^ artsjournal obituary. Archived 2012年5月21日, at the Wayback Machine.

外部リンク[編集]