ボビー・チャールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボビー・チャールズ
出生名 Robert Charles Guidry
生誕 1938年2月21日
米国ルイジアナ州アブヴィル
死没 (2010-01-14) 2010年1月14日(71歳没)
ジャンル R&Bブルースロックンロール
職業 シンガーソングライター
活動期間 1955年2010年
レーベル チェス・レコードベアズヴィル・レコードストーニー・プレイン、ライス・ン・グレイヴィー・レコード
共同作業者 ザ・バンドサニー・ランドレスリヴォン・ヘルム

ボビー・チャールズ (Bobby Charles, 1938年2月21日 - 2010年1月14日) は、アメリカ合衆国シンガーソングライター1955年チェス・レコードからデビューし、"See You Later Alligator"などの楽曲を生んだが、作品は決して多くない。ライヴ活動を極度に嫌っていることでも知られる。一方、彼の書いた曲はファッツ・ドミノビル・ヘイリードクター・ジョンレイ・チャールズなど数多くのアーティストに取り上げられており、ソングライターとしての存在感を示し続けている。

来歴[編集]

本名、ロバート・チャールズ・ギドリー。1938年2月21日ルイジアナ州南部の街、アブヴィルでケイジャンの家系に生まれた。幼少期から、ケイジャン音楽を聴いて育つ。

通っていた学校では、後にセッション・ドラマーとして活躍することとなるウォーレン・ストームに出会い、彼とともに曲を書いたりデモ・テープを作るようになった[1]

地元でカーディナルズというローカル・バンドへの参加を経て、1955年、チャールズはチェスのオーディションを受け同レーベルと契約。デビューに当たって、名前からギドリーを取りボビー・チャールズと名乗るようになった。チェスには1957年まで在籍。多くの曲をレコーディングしたものの、ヒットには恵まれなかった。シカゴにあったチェスは電話でオーディションを行い、契約した際にチャールズとは会っておらず、当初は彼が黒人であると思っていたと言う[1]。その後、インペリアル、ジュウェル/ポーラ等のレーベルにレコーディングを残した後、しばし足跡が途絶えている。

1970年代に入れると一時期、ニューヨーク州ウッドストックへ住居を移し、同じ街に住んでいたザ・バンドのメンバーらのミュージシャン達との結びつきを強めた。1972年、チャールズは初のフル・アルバムとなるBobby Charlesをベアズヴィルよりリリース。この作品は、リック・ダンコジョン・サイモンがプロデュースを担当。ザ・バンドのメンバーに加え、ドクター・ジョン、デイヴィッド・サンボーンらが参加した。

1976年には、ザ・バンドの解散コンサート、ラスト・ワルツに参加。1978年にはリヴォン・ヘルムのRCOオールスターズの一員として来日もしている[2]

その後、また暫く空白期となるが、1987年に久々の新作Clean Waterをリリース。1990年代には、カナダのストーニー・プレインより2枚のアルバムをリリースするなど、マイペースながら活動を続けている。一方で、ライブ活動からは一層遠ざかるようになり、2004年には、ポンデロサ・ストンプ、2007年にはニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルへの出演がそれぞれ決まっていたにも関わらず、いずれも出演を取りやめている[3]。ドクター・ジョンのアルバム『シティ・ザット・ケア・フォーガット』(2008年)では5曲をドクター・ジョンと共作し、さらに自作曲"Promises, Promises"も提供した[4]

2010年1月14日、自宅で倒れ死去。直接の死因は明らかになっていないが、糖尿病など健康上の問題を抱えており、腎臓がんの治療から回復中だった[5][6]。生前に新作のレコーディングを済ませており、2010年2月に『Timeless』としてリリースされることとなった。

ディスコグラフィー[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  • 1972年 Bobby Charles (Bearsville)
  • 1987年 Clean Water (Zensor)
  • 1995年 Wish You Were Here Right Now (Stony Plain)
  • 1998年 Secrets of the Heart (Stony Plain)
  • 2004年 Last Train to Memphis (Rice 'N' Gravy)
  • 2008年 Homemade Songs (Rice 'N' Gravy)
  • 2010年 Timeless (Rice 'N' Gravy)

編集盤[編集]

  • 1996年 The Chess Masters (MCA/Chess)
  • 2000年 Walking to New Orleans - The Jewel & Paula Recordings 1964-65 (Westside)

参考文献[編集]

  1. ^ a b "Walking to New Orleans - The Jewel & Paula Recordings 1964-65"ライナー・ノーツ(ポール・ハリス著)
  2. ^ レコード・コレクターズ誌「ザ・バンド/ラスト・ワルツ」(2002年6月号)
  3. ^ "Lost Legend," New Orleans Times Picayune, 28 April 2007
  4. ^ Jurek, Thom. “City That Care Forgot Dr. John”. AllMusic. 2015年12月8日閲覧。
  5. ^ Bobby Charles Passed Away 14 January 2010 — by Alex Rawls (OffBeat)
  6. ^ Louisiana Songwriter Bobby Charles Dies at 71 By STACEY PLAISANCE Associated Press Writer

外部リンク[編集]