ボナン・バルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガムラン・スカティのボナン、ヨグヤカルタ

ボナン・バルンBonang barung)は東南アジアインドネシアジャワ島中部の伝統芸能であるカラウィタンで使われる金属楽器ガムラン)のひとつ。

概要[編集]

種類[編集]

高音のものにボナン・パヌルス、低音のものにボナン・パヌンブンがある。バリ島で使われるレヨン Reyong やトロンポン Tronpong も同種の楽器である。

製造に要する日数[編集]

小型のものなら一日で作ってしまう村落も存在する。

打法[編集]

割れてしまうので、西洋打楽器のように鋭い打撃は用いることが出来ない。

関連文献[編集]

  • Jennifer Lindsay: Javanese Gamelan - Traditional Orchestra of Indonesia. Oxford University Press, Oxford 1992. ISBN 0-19-588582-1
  • Neil Sorrell: A Guide to Gamelan. Faber and Faber, London 1990. ISBN 0-571-14401-2

外部リンク[編集]