コンテンツにスキップ

ボトリフ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ボトリフ人(ボトリフじん、ボトリフ語英語版: буйхади; アヴァル語: Балъхъал; ロシア語: Ботлихцы; 英語: BotlikhまたはBótligh , Botlig , BotlogあるいはBuikhatli)とは、ロシア連邦ダゲスタン共和国に居住する少数民族である。

概要

[編集]

ダゲスタンボトリフ地域ロシア語版に居住する民族で、北東コーカサス語族ダゲスタン語派アヴァル・アンディ諸語に含まれるボトリフ語英語版を話す[1]

ボトリフ人は文化的自治を認めるよう、地元政府に対し集会を行ったり請願書を提出してきたが、アヴァール人の一派(さらに細かく言うと、アヴァール人の一派であるアンディ人の一派)として分類されている[1]

6,000人ほどのボトリフ人のうち、母語であるボトリフ語英語版を話すことができる人は約200人と言われている[1]

関連項目

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ a b c 消滅危機にひんする言語”. RUSSIA BEYOND (2013年2月15日). 2022年10月17日閲覧。