ボディクライム 誘惑する女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ボディクライム
誘惑する女
A Crime
監督 マニュエル・プラダル
脚本 トニーノ・ブナキスタ
マニュエル・プラダル
製作 ミシェル・ペタン
ロラン・ペタン
製作総指揮 ライオネル・クロッソン
スコット・マコーレー
ロビン・オハラ
出演者 ハーヴェイ・カイテル
エマニュエル・ベアール
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 ヨルゴス・アルヴァニティス
編集 ジェニファー・アウジェ
製作会社 ARP Sélection
Alice Productions
配給 フランスの旗 ARP Sélection
公開 フランスの旗 2006年10月11日
上映時間 103分
製作国 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,000,000[1]
テンプレートを表示

ボディクライム 誘惑する女』(- ゆうわくするおんな、A Crime)は2006年フランスアメリカ合作映画。

日本では劇場未公開だが、DVD2011年8月11日に発売された。

ストーリー[編集]

ヴィンセントが仕事から帰ると妻が何者かに殺されていた。 帰宅直前にすれ違ったタクシー運転手が犯人と思われるも結局犯人は捕まらないまま3年の月日が流れる。ヴィンセントに恋心を寄せる同じアパートに住むアリスは、妻の殺人事件で自分の殻に閉じ篭るヴィンセントの心を開かせ、自分に目を行かせようと、偶然出会ったタクシー運転手ロジャーをハメ、妻殺しの犯人に仕立てる。アリスの思惑通りヴィンセントは、ロジャーを犯人と確信し復讐を図る。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ A Crime (2006) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]