ボッサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボッサム

ボッサム: 보쌈)は、豚肉を使った韓国料理である。スパイスとともに茹でて薄くスライスした豚の腹肉が用いられる。この肉をニンニクタマネギサムジャンセウジョッ、浅漬けキムチ等とともに供する。食べる際に、肉と付け合せを赤レタスやゴマかエゴマの葉で包んで食べることが多い。ボッサムには韓国語で「包む」という意味がある[1][2]

朝鮮では人気のある料理で、アンジュ(酒のつまみ)としてよく食べられる[3][4]

起源[編集]

ボッサムは伝統的に、冬に備えて大量のキムチが漬けられるキムジャンの季節と結びついている。この労働集約過程に労働者をあてがうため、資産家は祭に豚を贈る。彼らは発酵の進んでいない新しく漬けたキムチとともに茹でた豚肉を味わった[4]

作り方[編集]

臭み消しのためのショウガとタマネギの入った出汁汁で豚肉を茹でる。ボッサムの豚肉の上にしばしば カキが乗せられることがあり、これはクルボッサム(굴보쌈)と呼ばれる。ボッサムを出すレストランでは、豚骨でスープを取ったカムジャタンが出され、伝統的に最初に食べられる[4]

出典[編集]

  1. ^ Jung, Alex "5 Korean ways to eat a pig" CNN Go. 11 November 2011. Retrieved 2012-04-11
  2. ^ The Bo Ssam Miracle”. The New York Times (2012年1月12日). 2013年4月5日閲覧。
  3. ^ "Bossam's continuous popularity" Money & Business. 12 May 2010. Retrieved 2010-06-23 (朝鮮語)
  4. ^ a b c Episode 18: Jongno 3(sam)-ga's Gul Bossam Alley”. Visit Seoul. 2013年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月16日閲覧。

関連項目[編集]