ボス・ベイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg ボス・ベイリー American football pictogram.svg
Boss Bailey
Boss bailey.jpg
基本情報
ポジション ラインバッカー
生年月日 (1979-10-14) 1979年10月14日(38歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ジョージア州フォークストン
身長 6' 3" =約190.5cm
体重 233 lb =約105.7kg
経歴
大学 ジョージア大学
NFLドラフト 2003年 / 2巡目全体34位
初出場年 2003年
初出場チーム デトロイト・ライオンズ
所属歴
受賞歴・記録
NFL 通算成績
タックル数 225回
インターセプト数 2回
タッチダウン数 1回
QBサック 7回
ファンブルフォース 2回
ファンブルリカバー 2回
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

ボス・ベイリー(Rodney "Boss" Bailey、1979年10月14日 - )はジョージア州フォークストン出身のアメリカンフットボール選手。2003年から2008年にNFLデトロイト・ライオンズデンバー・ブロンコスでプレーした。ポジションはLB。ブロンコスに所属した2008年には兄のチャンプ・ベイリー[1]とチームメートとなった。ボスは本名ではなく祖母からつけられたあだな[2]

経歴[編集]

ジョージア大学の4年次にはディック・バトカス賞、ヴィンス・ロンバルディ賞のセミファイナリストとなり、オール・サウスイースタン・カンファレンスのファーストチームに選ばれた。

ドラフト前には大柄でスピードがありパスカバーに優れ[2]、身体能力も高い彼は高い評価をされた[3]

2003年のNFLドラフト2巡でデトロイト・ライオンズに指名されて入団した。その年全16試合に先発出場し、キャリアベストの88タックル(77ソロタックル)をあげてESPN、フットボール・ダイジェストのオールルーキーチームに選ばれた。2004年はひざの怪我で[4]全休したものの、2005年には11試合に先発出場し、58タックル、1サック、1インターセプトをあげた。2006年には全16試合に出場、そのうち8試合はストロングサイドラインバッカー、4試合はミドルラインバッカーとして先発、67タックル(51ソロタックル)、1サックをあげた。2007年には先発12試合(ストロングサイドラインバッカー)を含む15試合に出場、51タックル(37ソロタックル)、自己ベストの3.5サックをあげた。

2008年3月6日、5年間1750万ドル(800万ドルを保障)でデンバー・ブロンコスと契約し[5]、ブロンコス史上エルドン・ダネンハウアー、ウィリアム・ダネンアフアー(1960年)、デイブ・ウィデル、ダグ・ウィデル(1990年-1992年)に次ぎ史上3組目に兄弟で同時に所属した選手となった。10月20日のニューイングランド・ペイトリオッツとのマンデーナイトフットボールで、シーズン絶望となる怪我を左ひざに負った[6]彼は2009年6月17日にチームからカットされた[7][8]

NFLでは先発57試合を含む64試合に出場し、305タックル、7サック、2インターセプトの成績を残した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Boss takes big leap into senior season”. georgia.scout.com (2002年8月3日). 2011年9月1日閲覧。
  2. ^ a b NFLドラフト展望: 注目の兄弟選手[5]”. NFL JAPAN (2003年4月25日). 2011年9月1日閲覧。
  3. ^ 'Boss' Bailey makes his presence known”. USAトゥデイ (2003年4月10日). 2011年9月1日閲覧。
  4. ^ ライオンズのLBベイリーが膝の手術でシーズンの大半を欠場”. NFL JAPAN (2004年8月12日). 2011年9月1日閲覧。
  5. ^ Adding Another Bailey To The Broncos”. predominantlyorange.com (2008年3月6日). 2011年9月1日閲覧。
  6. ^ Broncos Lose Boss Bailey and Backup QB Patrick Ramsey to Season Ending Injuries”. MILE HIGH SALUTE (2008年10月22日). 2011年9月1日閲覧。
  7. ^ Broncos release linebacker Boss Bailey”. デンバー・ポスト (2009年6月17日). 2011年9月1日閲覧。
  8. ^ ベイリー兄弟、たった1年で離れ離れに”. NFL JAPAN (2009年6月18日). 2011年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]