ボジェナ・ニェムツォヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボジェナ・ニェムツォヴァー
Božena Němcová
Jan Vilímek - Božena Němcová.jpg
誕生 Barbora Panklová
(1820-02-04) 1820年2月4日[1]
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ウィーン
死没 (1862-01-21) 1862年1月21日(41歳没)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国プラハ
墓地 ヴィシェフラット民族墓地
職業 作家小説家
国籍  チェコ
ジャンル 農村散文チェコ語版リアリズム
文学活動 婦人解放運動社会主義
代表作おばあさんチェコ語版』(1855年
配偶者 ヨセフ・ニェミツ(Josef Němec
子供 カレル・ニェミツチェコ語版
ヒネク(Hynek
ヤロスラフ(Jaroslav
テオドラ(Theodora
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ボジェナ・ニェムツォヴァーチェコ語:Božena Němcová1820年2月4日[1] - 1862年1月21日)は、オーストリア帝国(現:チェコウィーン出身の小説家。近代のチェコに於ける散文の創始者とされる[2][3]

チェコの通貨単位500チェコ・コルナ肖像画が描かれており、ラチボジツェチェコ語版に住んでいた母方の祖母マグダレーナ・ノヴォトナ(Magdalena Novotná)と暮らし、後に大きな影響を受けて1855年に著した彼女の代表作『おばあさんチェコ語版』は平凡な祖母の持つオプティミズムと生涯をロマンティックに描いたもので[4][5]、チェコの国民であれば誰一人読まない人は居ないと称されるほど[2]チェコでは著名な作品である。

チェコ文学英語版者の栗栖継は『おばあさん』をチェコ最大の国民文学と評し[5]日本では1971年に栗栖継の翻訳によって岩波文庫から刊行されていた[6]。また作家の傍ら、婦人解放運動の先駆者として名高く、税関吏を務めていた夫ヨセフ・ニェミツ(Josef Němec)と共に反オーストリア的思想を持ったため迫害され、ニェムツォヴァーの生活は生涯貧乏であった[5]

生涯[編集]

1820年2月4日[1]にオーストリア帝国(現在のチェコ)のウィーンに、ドイツ人の父ヨハン(Johann Pankel)とチェコ人の母Terezie Panklováとの間に生まれる[4]が、少女時代の5年間はラチボジツェで母方の祖母マグダレーナ・ノヴォトナの元で暮らし、後に著す長編小説『おばあさん』に見られるように彼女から大きな影響を受ける。

1837年、ニェムツォヴァーは17歳の時に15歳年上の税関吏ヨセフ・ニェミツ(Josef Němec)と結婚する[4]。ヨセフは反オーストリア的な思想を持ち合わせていたため、度々転勤を命じられていたが最終的にプラハに定まった[5]。夫の転勤で各地を回るたびにニェムツォヴァーはチェコの文壇に触れ、民話に関心を示して[7]1845年頃に『民話集』を著した。

1855年には彼女の代表作『おばあさん』を著して、一躍有名となった。また、婦人解放運動の先駆者としても活躍したが迫害や貧乏のため1862年1月21日に41歳で亡くなった。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]