ボガート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ボガートBoggart)はケルト族の神話に伝わる、いたずら好きだがときに人間を助けてくれる、家に住む妖精の一種である[1]。 別名ボーガンBogan)またはボーグルBogle)。ボガト、ボガン、ボグルとも。

イギリス民間伝承では、ボガートは屋敷に憑く妖精で、ブラウニーよりもいたずら好きである[2]。 夜中にポルターガイスト現象を起こし、それにより物体が消滅したり、牛乳が酸っぱくなったり、がビッコになったりする。 常に悪さをし、どこへ逃げてもついてくる。

ボガートは夜間寝ている人に忍び寄り、冷たい手を顔に当てると言われている。 敷布を剥がしたり、時にを引っ張ったりする。

北イングランドでは、ボガートは危険な曲がり角のの下に棲み、御者がその橋を渡るとき丁寧に挨拶をしないと、不幸なことが起きるとされる。 少なくともイングランド北部では、ボガートに命名してはいけないことになっている。 ボガートが名を得ると、理不尽で説得することのできない、手に負えない破壊的なものになる。

脚注[編集]

  1. ^ 『幻想動物事典』1997年、283頁
  2. ^ 『幻想動物事典』1997年、283頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]