ホームラン・ブギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホームラン・ブギ
笠置シズ子楽曲
リリース 1949年7月
規格 シングルレコード
ジャンル 歌謡曲
レーベル 日本コロムビア
作詞者 サトウハチロー
作曲者 服部良一

収録順

日本野球の歌(藤山一郎
(1)
ホームラン・ブギ
(2)

ホームラン・ブギ」は、1949年7月に日本コロムビアよりシングルが発売された笠置シズ子歌謡曲。作詞・サトウハチロー、作曲・服部良一

1953年1月2日に放送された[1]第3回NHK紅白歌合戦』では、この曲が紅組のトリを飾っている。

概要[編集]

本曲は当初、藤山一郎日本野球の歌」のB面曲として発売されたが、現在では「日本野球の歌」よりも本曲の方が広く知られる曲となっている。

1番から9番までが数え歌になっているが、SPレコードでは収録時間の制約により3・4番が省略されたバージョンになっており、以後もこのバージョンで歌われることが多い。

3番で米大リーグの代表的ホームランバッターとして名を挙げられている「カイナー」「マイス」はラルフ・カイナージョニー・マイズ。対する日本の代表的ホームランバッターには川上哲治青田昇が挙げられている。

6番で甲子園が、9番で1947年より甲子園の外野に設置されたラッキーゾーンが歌われている。

8番の「八つチーム」は「トラ」(大阪タイガース、現阪神タイガース)・「巨人」(読売ジャイアンツ)・「ロビンス」(大陽ロビンス。松竹を経て1953年大洋ホエールズと合併)・「阪急」(阪急ブレーブス、現オリックス・バファローズ)・「鷹」(南海ホークス、現福岡ソフトバンクホークス)・「東急」(東急フライヤーズ、現北海道日本ハムファイターズ)・「中日」(中日ドラゴンズ)・「スターズ」(大映スターズ高橋ユニオンズとの合併を経て1958年毎日オリオンズと合併)の日本野球連盟所属8球団。

本曲は、日本のプロ野球が、まだ「職業野球」と呼ばれていた時代に発表されており、当時の1リーグ時代を反映した歌詞となっている。なお、本曲が発売された1949年の暮れに2リーグ分裂騒動が発生している。

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本放送はラジオのみだが、テレビジョンの実験放送も行われた。ただし、テレビ・ラジオとも音声・映像は現存しない。