ホームページ (パソコンソフト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホームページV3・ZERO
開発元 ソースネクスト
最新版 3.0.0 / 2012年9月6日
対応OS Microsoft Windows
種別 Webオーサリングツール
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト ホームページV3 公式サイト
テンプレートを表示

ホームページV3・ZERO(以下、これらをまとめて『ホームページ』と記す。)は、ソースネクストが企画・販売した、WYSIWYG形式のWebオーサリングツールである。

概要[編集]

『ホームページ』は、簡単な操作で、見栄えの良いページを作成できることを重視した初心者向けのWebサイト作成ソフトとして設計されている。 サイトは、ドラッグ&ドロップによりページの体裁やつながりを変えたり、スタイルテンプレートよりデザインの変更を行うことができる。 また、アフィリエイトGoogleマップといった他のウェブサービス機能をページのパーツとして取り込むこともできる。日本語文字コードはShift_JISにのみ対応で、EUC-JPUTF-8については変換機能も用意されていない(2012年9月現在、バージョン3.0.0)。

スタート画面[編集]

スタートアップウィザードが表示され、4つのボタン(「新規作成」、『ホームページ・ビルダー』で作成したファイルを開く」、「ファイルを開く」、「前回編集したファイルを開く」)よりサイトの新規作成や作成したサイトを開くことができる。

ただし、完全な白紙ページからの作成は用意されていない。(2012年9月現在、バージョン3.0.0)

サイト編集画面[編集]

サイト全体がツリー構造で表示され、ドラッグ&ドロップ操作によりページごとにスタイルを割り当てることができる。 またページのつながりを変更すると、ページ内のリンク情報も自動で書き換わる。

ページ編集画面[編集]

通常モード、HTMLモード、プレビューの3つの画面タブ切り替えで構成されている。

  • 通常モードは、ページのカーソル位置に文字や画像などの要素を挿入することができ、ワープロソフトのように段組形式で動作する。
  • HTMLモードは、HTMLソースが表示されるが『ホームページ』独自タグが出力され、タグは自動的に修正されてしまう。
  • プレビューは、IEコンポーネントを使用したプレビューとなっている。

対象Webブラウザ[編集]

リリース履歴[1][編集]

Ver. 1.x[編集]

  • 2008年5月19日 『ホームページZERO』 バージョン1.0.0 ダウンロード版を発売
    • OS対応型ソフトとして発売され、発売当初はWindows XP・Windows Vistaにのみ対応していた。
  • 2008年5月20日 アップデータ Ver.1.0.1をリリース
  • 2008年5月21日 『ホームページZERO』 バージョン1.0.0 パッケージ版を発売
  • 2008年5月21日 アップデータ Ver.1.0.2をリリース
  • 2008年6月12日 アップデータ Ver.1.0.3をリリース
  • 2008年6月18日 『ホームページZERO』無料体験版を配布開始(現在は終了)
  • 2008年6月26日 アップデータ Ver.1.0.4をリリース
  • 2008年6月27日 アップデータ Ver.1.0.5をリリース
  • 2008年7月31日 アップデータ Ver.1.1.0をリリース
  • 2008年8月28日 アップデータ Ver.1.1.1をリリース
  • 2008年9月30日 アップデータ Ver.1.2.0をリリース
  • 2008年12月4日 アップデータ Ver.1.2.1をリリース
  • 2009年8月6日 アップデータ Ver.1.2.2をリリース
  • 2009年10月2日 アップデータ Ver.1.2.3をリリース
    • 『ホームページZERO Windows7対応版』がこの頃に発売される。アップデータ Ver.1.2.3により「Windows 7」に対応したが、「Windows 7」で発売初期の「Windows7対応版」ではない『ホームページZERO』を利用する場合には、「Windows7対応アップグレードサービス」(有償)を受ける必要がある。

Ver. 2.0[編集]

Ver. 3.0[編集]

  • 2012年9月6日 『ホームページV3』(バージョン3.0.0)ダウンロード版を発売・『ホームページZERO』アップデータ Ver.3.0.0をリリース
    • 『ホームページV3』・『ホームページZERO』(バージョン3.0.0以降)は機能的に同等である。ただし、『ホームページZERO』は「Windows 8」には非対応のため、「Windows 8」で利用する場合には『ホームページV3』の購入が必要(『ホームページZERO』に対し、「Windows8対応アップグレードサービス」は有償無償問わず存在しない)。
  • 2012年10月3日 『ホームページV3』(バージョン3.0.0) パッケージ版を発売予定

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]