ホームパーティー商法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ホームパーティー商法(ホームパーティーしょうほう)とは、業者が消費者宅でホームパーティーを開いて、ホームパーティーに参加した人に対して何らかの契約をさせようとすることをいう。

「お宅でホームパーティーを開かせて欲しい。料理の材料は、当方で用意する」または「無料の料理講習会を開かせて欲しい」などと言ってイベントを行い、参加者に高価な調理器具(鍋・フライパンのセット)の購入を勧めることが多い。調理器具メーカーによって行なわれるが、場合によってはマルチ商法のリクルート活動である場合もある。

この商法は訪問販売のため、特定商取引法に基いてクーリングオフできる場合がある。

関連項目[編集]