ホーミ・J・バーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホーミ・J・バーバー
Homi Jehangir Bhabha
人物情報
生誕 1909年10月30日
British Raj Red Ensign.svg イギリス領インド帝国 ボンベイ
死没 1966年1月24日(満56歳没)
フランスの旗 フランス モンブラン
居住 インドの旗 インド ニューデリー
市民権 インドの旗 インド
国籍 インドの旗 インド
出身校 ムンバイ大学英語版
ケンブリッジ大学
学問
研究分野 原子核物理学
研究機関 インド原子力委員会英語版
タタ基礎研究所英語版
キャヴェンディッシュ研究所
インド理科大学院
Turmbay Atomic Energy Establishment英語版
博士課程
指導教員
ラルフ・H・ファウラー英語版
他の指導教員 ポール・ディラック
チャンドラセカール・ラマン
主な業績 インド原子力計画
宇宙線シャワー
点粒子
バーバー散乱英語版
主な受賞歴 アダムズ賞英語版 (1942)
パドマ・ブーシャン英語版 (1954)
王立協会フェロー[1]
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ホーミ・J・バーバー(Homi Jehangir Bhabha、1909年10月30日1966年1月24日)はインド物理学者。インドの原子力開発に大きな貢献をした。

ムンバイ生まれ。裕福なパールシー(ペルシャ系インド人)のゾロアスター教徒であり、インドの2大財閥のひとつのタタ財閥一族を親類に持つ。ケンブリッジ大学で機械工学を学び、ポール・ディラックに影響を受け理論物理学に進んだ。1935年、ケンブリッジ大学で学位を得た。宇宙線シャワーの分野で功績をあげた。1939年インドに戻り、バンガロールインド理科大学院チャンドラセカール・ラマンのもとで働いた。1945年、ムンバイに叔父のJ・R・D・タタの援助を受けて、Institute of Fundamental Research を設立し所長となった。戦後、ジャワハルラール・ネルー首相の知己を得て、インドの核エネルギー開発のリーダーとなり、多くのインドの核物理学者を育成し、国際的な活動を行った。

1966年ヨーロッパへ向かう航空機の事故(インド航空101便墜落事故)で死亡した。

バーバー原子力研究所(BARC:w:Bhabha Atomic Research Center)はバーバーの功績を記念して名づけられた。

出典[編集]

  1. ^ Penney, L. (1967). “Homi Jehangir Bhabha 1909-1966”. Biographical Memoirs of Fellows of the Royal Society 13: 35–26. doi:10.1098/rsbm.1967.0002. 

外部リンク[編集]